Information Technology

ITの複雑さを軽減し、統一されたテクノロジープラットフォームでビジネスを変革する

CIOと大規模なIT組織の役割は、この10年間で大きく進化してきました。今日では、データとテクノロジーを活用して、いかにしてイノベーションと新しいビジネスを推進するかが重要になっています。成功したITリーダーは、このデータへのアクセスを提供し、その価値を引き出して洞察を迅速に推進し、最終的にはより良い患者とビジネスの成果を提供することができます。

メディデータは、ITの複雑さを軽減し、デジタルトランスフォーメーションとイノベーションによる成長を促進し、より迅速で質の高い試験を実施し、コストを管理しながら規模を拡大するために、お客様のビジネスを変革するお手伝いをします。詳細については、このページをご覧ください。

メディデータの統合プラットフォームの基盤であるMEDSで目的に合ったデータ提供を実現

メディデータは、臨床試験、サプライチェーン、製造、商業の各分野でデータを真に流動化するために、業務、財務、患者のデータソースをシームレスな方法で統合し、アウトカムと疾患に特化した統合された患者体験を推進しています。このプラットフォームは、組織内に既に存在する何千もの患者データセットから得られる複数の学習情報を統合することができます。メディデータの統合プラットフォームは、シームレスな体験の創出、臨床試験の加速、患者の支援に役立ちます。

メディデータのオンリーワンのデータファブリックで、迅速かつ高品質な臨床試験を提供します

メディデータのプラットフォーム上で実行されている5000件以上の試験では、毎時間、100万件以上のリクエスト、7.5万件以上のユーザーセッション、27万5000件以上のCRFページリクエスト、14万5000件以上のウェブサービスコール、45万5000件以上の画像を処理しています。当社には、17,000件以上のスタディ、66万件以上のスタディサイト、500万件以上の被験者、150万枚以上の画像、45万枚以上の患者データポイントを扱った経験があります。

この豊富なデータ資産と臨床試験実施に対する当社の統一されたアプローチにより、試験の成功を促進し、合否決定を迅速化し、提出までのデータベースロック時間を大幅に短縮し、精密医療に焦点を当てた次世代の臨床試験に備えるために、より多くのことを行うことができます。

置き去りにされないために明日の臨床試験の動向を確認する

今回のNEXT NYC 2019セッション「明日の臨床試験のトレンド」では、パネリストが、試験を実施・実施するための新たなアプローチ、そのために検討すべき技術、そして業界が最終的な目的を達成するためにどのような役割を果たすのかについて、示唆に富んだ議論を展開します。