Medidata Medidata

Rave eConsent

Rave eConsent

手続きの電子化で、臨床試験の早期実施を可能に

Rave eConsentは革新的な、患者に利用しやすい電子化されたインフォームドコンセントおよび患者登録システムです。Rave EDCと直接統合されているため、患者、臨床試験実施施設、CRO、スポンサー企業が同じ登録内容を把握できます。情報共有を簡略化し、コンプライアンスリスクを削減できるため、より早く、有用な臨床試験分析を行うことができます。

Rave eConsentの活用により、電子的な同意取得手続期間は大幅に圧縮

Why Rave eConsent?

試験開始および試験をスピードアップ

Rave EDC、Rave RTSM、Rave eCOAと統合し、単一のサイトエクスペリエンスを提供します。Rave eConsentを使用して、数か月かかっていたものを数週間にまで短縮し、試験開始と試験をスピードアップします。 署名のコンプライアンス、リモート同意の監視、およびサイトスクリーニングメトリックを保証し、グローバルな要件を満たす柔軟性を提供します。 Rave eConsentには、複数の言語および規制環境に合わせて構成できるローカライズ機能があります。

eConsentのメリットを事例で学ぶ

Rave eConsentでMedidata Rave Clinical Cloudを最大限に活用

Rave EDC、Rave Imaging、Rave eConsent、Rave eCOAで、すべての試験に対して単一のデータを提供

臨床・非臨床に関わらず、あらゆるデータソースから客観的かつタイムリーにデータをキャプチャし、単一のデータに統合することができます。データの重複入力、複数データの移行、統合の手間を排除し、リアルタイムで高品質のデータキャプチャと一貫性を実現します。試験全体でデータとワークフローを統合し、試験開始から、試験実施、クローズアウトまで迅速な実施を可能にします。調査チームが十分な情報に基づいた意思決定を行い、試験のインサイトをより早く収集できるようにします。

Rave Site Grants、Rave CTMS、Rave eTMFでサイトアクティベーションを実現

Rave Clinical Cloudプラットフォームは、サイトのアクティベーションプロセスを自動化および調整して、ドキュメントのレビューを加速し、ビジネスパートナー間の透明性を高め、コンプライアンスを確保します。 Rave Site Grantsを使用すると、公正市場価格(FMV)の価格設定で交渉を迅速に進めることができます。 Rave eConsentツールは、承認を通じて複数の同意バージョンのリスクを軽減するのに役立ちます。 Rave CTMSおよびRave eTMFで承認とサイトアクティベーションチェックリストを管理します。

Rave EDC、Rave eConsent、Rave RTSMで、信頼できるランダマイゼーションにより研究をより早く開始

無作為化基準はEDCでキャプチャされるため、無作為化可否とタイミングを自動的に決定することができ、複数のデータ入力の必要性を排除しながら、適切な治療が適切な患者に適切なタイミングで提供されるようにします。被験者はRave eConsentを使用して同意を取得すると自動登録され、単一のプラットフォームでRave RTSMを使用して無作為化されます。

メディデータのエコシステム

メディデータでは、クリニカルサイエンスのデジタルトランスフォーメーションをリードし、治療薬をより早く、より効率的に生み出していくことをサポートしています。私たちのプラットフォームは、 AIや高度な分析を駆使して、サイエンスと研究を加速するために、データマネージャー、クリニカルオペレーション、治験責任医師、そして患者をつなぎます。