Medidata Medidata

Rave Regulated Content Management (RCM)

Rave Regulated Content Management (RCM)

新しい技術で21 CFR Part 11準拠を実現

Rave RCMは、常に書面調査に対応できるように設計された最初のエンドツーエンドのコンテンツとデータのコラボレーションプラットフォームです。 Medidata Rave Clinical Cloud内に統合されたRCMは、Rave eTMF、Rave SOP管理、およびRave Archiveによって構成され、直感的で強力なユーザーインターフェイスを使用して単一のアプリケーションで規制コンテンツを作成、保存、承認、および作業ができます。

Rave RCMは、Raveプラットフォーム上のアプリケーション内で作成および管理されるすべてのコンテンツの単一のリポジトリです。

Why RCM?

Rave eTMF

TMF文書保管とオーバーサイトが簡素化されるだけでなく、成果物の自動保管、ロールベースのワークフロー、直感的なレポートとダッシュボードを通じて、TMF文書の完全性とコンプライアンスを確保します。

ファクトシートをダウンロード

Rave SOP Management

コンテンツの作成、編集、承認および閲覧確認機能を備えた共同作業環境において、SOPに関するコンプライアンス管理および維持を直感的な操作感、プリセットされたワークフローで実現します。

ファクトシートをダウンロード

Rave Archive

組織の情報を保持し、コンテンツの出所に関係なく、コンテンツへのアクセス、検索、および活用を可能にする、クラウドベースのデジタル保存リポジトリです。アーカイブは、安全で準拠した環境で長期的なコンテンツの整合性と信頼性を提供します。

ファクトシートをダウンロード

Zosano Pharmaは、Rave RCMを使用することにより外出先での文書作成、レビュー、承認が可能となり業務効率が向上しました。