Medidata Medidata

Rave Regulated Content Management (RCM)

Rave Regulated Content Management (RCM)

規制対象コンテンツをシームレスに管理

Rave Regulated Content Management (RCM) は、臨床開発において最も重要な要素、すなわちユーザーに重点を置いています。

メディデータの協働プラットフォームを使用すれば、スポンサー企業、治験実施施設、CRO といったあらゆる組織が、規制コンテンツをシームレスに管理し、いつでも査察に備えていられるようになります。

査察に備えた、業界初のエンドツーエンド型データコンテンツ管理の協働を実現するプラットフォームです。

常に規制要件を遵守

常に規制要件を遵守

優れたユーザーエクスペリエンス

極めて直観的なワークフローとモバイル機能を搭載。 いつでもどこでもコンテンツにアクセスし、レビュー・承認を行えます。

すばやくシンプルな導入

通常は数か月もかかるようなプラットフォームの導入作業が、最小限のリソースを用いてわずか数週間で完了します。メディデータのビルドされた、バリデーション済みの操作性とコンテンツの移行ソリューションをぜひご活用ください。

ライフサイエンス向けに開発され、現在は Medidata Clinical Cloud に組み込まれている Rave Regulated Content Management (RCM) プラットフォームでは、規制対象コンテンツの管理を目的した、業界初となる統合型エンドツーエンドシステムをご利用になれます。

MEDIDATA REGULATED CONTENT MANAGEMENT の利用者の声をご紹介します。