Medidata Medidata

Rave Reporter

Rave Reporter

マルチスタディデータのインサイトを発見し、上市までの時間を短縮

Rave Reporterを使用すると、複数の試験や製品にわたるグローバルなデータを反映した1つのレポートを生成できます。 集約されたデータはユーザーフレンドリーなインターフェースに表示され、スケジューリング、エクスポート、およびディープリンク機能とともに、試験ポートフォリオからより強力なインサイトを得られます。

Rave Reporterの革新的な機能により、少ない労力、時間、コストでデータからより多くの情報を得ることができます。

全試験データを1つのレポートに

Why Rave Reporter?

複雑なものから統合された1つのものへ

システム間の集約と調整により、複数の試験から得られたデータの正確で統一されたビューが提供されます。 36種類の標準レポートを用意しており、カスタマイズ可能なレポートでは、Rave Supply Management、User Management、Rave RBM、Rave Coder、およびRave Safety Gateway全体の可視性を提供します。 Rave Reporterを使用すると、時間とリソースを節約し、高価なデータウェアハウジングを最小限に抑えることができます。

より深いインサイトを提供

複数のソースから収集されたデータの総合的なビューにより、より豊富なインサイトが得られます。 共通の基準と効率的かつ単一のデータソースによって、異なるデータを同じように取り扱うことができるようになります。

ユーザーフレンドリー

ドラッグアンドドロップとカスタマイズ機能を備えた直感的なインターフェイスにより、複数の試験やプロダクトを跨いだレポート表示が可能になります。 強力なデータベースにより、レポートをより高速に生成し、タイムアウトの頻度を減らすことができます。