Rave RTSM

Rave RTSM

効率、柔軟性、スタートアップのスピード向上させながらリスクを低減

Rave RTSMは、Rave EDCとシームレスに統合し、データ入力と照合を排除し、リスクとコストを大幅に削減する画期的な「無作為化および治験薬供給管理システム」です。試験をすぐに開始できるように事前検証されたコンポーネントで完全に設定可能かつ革新的なEdit Live Design™機能によりアダプティブ試験、複雑な試験のセットアップ、および試験途中の変更にも対応します。

データ照合を排除、変更の簡素化、試験開始時間の短縮

Raveと統合された唯一のRTSM

使いやすいインターフェースと合理化されたワークフローにより、Rave RTSMはシームレスにRave EDCと統合され、重複したデータ入力と照合作業を排除します。これにより、試験を迅速に開始および終了することができ、実施医療機関のeCRF入力が平均35%速く完了し、データ入力コストが大幅に削減されます。Raveはクラウドベースであるため、いつでもどこでもセキュアなデータにアクセスできます。

100%設定可能な唯一のRTSM

事前検証されたコンポーネントを使用して、試験デザインが複雑で多様であっても、試験に適したシステムを迅速に作成できます。Rave RTSMを使用すると、試験開始時間が業界標準の6週間に比べて2〜3週間に短縮されます。

リアルタイムの柔軟性を提供する唯一のRTSM

試験途中での変更をリアルタイムで行うことができ、時間のかかる変更の指示は不要です。Edit Live Design™は、オンデマンドでの変更を必要とするアダプティブ試験、再無作為化、包括的な治験薬供給管理スキームを可能にする業界初の機能です。Rave RTSMは、試験に他に例を見ない柔軟性を提供します。

Reata、Rave RTSMを導入したことで数百万ドルの費用を削減