Medidata Medidata

Site Payments

Rave Site Payments

EDC 駆動型の施設向け支払ソリューション

どのような研究であれ、臨床試験施設への支払いは絶対に欠かせません。当然ながら、実施済みの作業と生じた費用については支払いが必要となります。施設への経済的な重圧が高まりつつある中、毎回適時かつ適切に支払いを行うことのできるスポンサー企業/CRO は有利な立場にあります。

それこそが、当社が業界で唯一の EDC 駆動型のグローバル施設向けの支払テクノロジー、Rave Site Payments を開発した理由です。これは、臨床試験施設への新たな支払い手段となります。統合型のクラウドベースのテクノロジーが採用されているため、施設への支払いは給与支払名簿のように簡単です。企業の会計部門が支払小切手をなくしたり賃金を誤って計算したりすることはありません。このソリューションにより、お客様の財務チームについてもその心配はなくなります。適時かつ正確な支払いがもたらす利点は明白です。

臨床試験データを使用して、支払いをリアルタイムで計算および実行します。

Why Rave Site Payments?

オンデマンドの資金調達を可能にする唯一のエンドツーエンドのグローバル施設決済ソリューションとして、Rave Site Paymentsは任意のEDCと統合して、支払いを迅速かつ正確にトリガーし、エスクロー資金の必要性を排除します。リアルタイムのレポートと高度な支払い計算および支払い技術により、スポンサー、CRO、およびサイトは、財務状態を改善し、イノベーションを促進できます。 Rave Site Paymentsは、ASC606、SOC1、SOC2、間接税計算などの規制ポリシーと認証へのコンプライアンスの向上を促進する唯一の自動支払いテクノロジーです。

Rave Site Paymentsが臨床現場支払いワークフローを自動化する方法をご覧ください。

Rave Site PaymentsでMedidata Rave Clinical Cloudを最大限に活用する

Rave Site Payments、Rave Site Grants、Rave EDC、およびRave CTMSによって実現される、支払いに対するエンドツーエンドの予算編成

Medidata Rave Clinical Cloudを使用して試験を計画する場合、適切な施設、手順、予算、および支払いプロセスを組み合わせて、調整に必要なFTE時間を短縮することにより、複雑さを最小限に抑え、運用効率のステージを設定できます。 Rave EDCで対象の訪問または手順が完了した後の支払いを計算するために、Rave Site Paymentsで交渉済みサイトの費用を設定します。 Rave Site Grantsを使用して、完全に実行された治験責任医師契約の包括的なデータセットを参照することにより、手続き、被験者の訪問、または他のサイト料金に対して支払う金額を最適化します。最適な予算に達するために、すべての契約が何万ものサイトと交渉されました。 Rave CTMSを使用して、予算編成と支払いプロセスのすべてのステップを追跡します。

PPDはRave Site PaymentsとRave EDCを利用して、世界中の施設に支払いを自動的に送信します