Medidata Medidata

Edge Study Feasibility

Rave Study Feasibility

国際共同治験の新たな参加対象国と治験実施医療機関の実施可能性の扉を開く

メディデータのRave Study Feasibility(旧OPAL Feasibility)は、メディデータの業界最高レベルである治験実施医療機関の業績に関するデータを活用し、国と医療機関の実施可能性プロセスに確実性と効率性をもたらします。治験依頼者とCROは、最高レベルの登録医療機関を表示し、患者登録を改善、実績の低い治験実施医療機関への投資を制限することができます。

ツール内では、治験のフェーズ、治療領域、適応疾患、国別に治験実施医療機関を検索してフィルタリングすることができます。これにより、ユーザが治験実施医療機関戦略を改善し、新たな治験実施医療機関を発見するのに役立つ、シンプルで使いやすいインターフェースを提供します。

業界横断的で、過去の、業務品質データにアクセスして、試験実施医療機関と国毎の実現可能性を最適化する

堅牢なデータ

Rave Study Feasibilityは、業界をリードするメディデータ独自の客観的なパフォーマンスデータを活用して、より豊富な情報に基づき治験実施医療機関と国の決定を実現します。こうして治験全体の標準化された治験実施医療機関の業績を表面化することで、治験実施医療機関と国の選定について治験依頼者とCROがデータに基づいて決定することができます。

実施可能性プロセスの改善

Rave Study Feasibilityにより、治験依頼者とCROは患者登録を改善し、時間と費用を削減することができます。このツールを使用して治験実施医療機関の業績をより明確にすることで、質の高い治験参加国や医療機関を選定して登録目標数に迅速に到達することができ、実績の低い医療機関および患者登録ない医療機関に対するコストも削減できます。

ユーザフレンドリー

分かりやすいユーザインターフェースを使用して、治験のフェーズ、治療領域、および適応疾患ごとに国と治験実施医療機関を簡単に比較してフィルタリングし、実績の優れた治験実施医療機関を素早く特定することができます。