Rave Imaging

Rave Imaging

臨床試験における医療画像の管理を再設計

臨床試験における医療画像の利用は急速に拡大していますが、残念なことに、臨床試験において医療画像を管理するためのプロセス/システムはあまり進化していません。

メディデータのインテリジェントなワークフローは、画像とデータの収集を簡素化し、エディットチェックや画像の匿名化が自動的に実行されます。このシステムでは、画像をアップロードした後の転送レビュープロセスを、プロトコル設計ごとに自動化できます。メディデータでは、医療画像送信システムの構造的なアプローチを採用しています。これによってワークフローが簡素化されると同時に効率が改善することで、画像の管理に伴うコストと時間を節約し、データの品質と信頼性を高めることができます。

メディデータは医療画像ワークフローの効率性と信頼性を高めるお手伝いをいたします

CD/フィルムと比較した場合のRave Imagingの利点

  • 画像の自動匿名化
  • コストの低減
  • 安全性、SOP/規制への準拠
  • 画像のリアルタイムエディットチェック
  • リアルタイムコラボレーションの実現

従来型システムと比べたRave Imagingの利点

  • インテリジェント
    • パラメータで設定可能なワークフロー、画像プロトコルのエディットチェック、画像情報の匿名化
  • ラボ非依存型
    • カスタマイズすることなく、あらゆる中核ラボチームまたはネットワークとの統合が可能
  • 拡張性
    • 5,000以上のグローバル組織で約30,000名のユーザが使用

従来型システムからのアップグレード

多くの施設および中核ラボではいまだに CD やフィルムが物理的に発送されていますが、これは時間、費用、労力のかかる時代遅れの手法です。

また画像転送システムについても、従来型のものは主に転送工程にしか焦点が当てられておらず、手動のプロセスがデジタル化されただけに過ぎません。そのためワークフローでは今も多くの手作業を伴い、また画像取得時の画像匿名化やエディットチェック、あるいは盲査読・判定といった、主な管理上の問題にも対処できていません。さらにこれらのシステムでは、大きくて複雑なデータセットを効果的に管理できないことがよくあります。

従来型システムでは結局のところ、手動による発送と同じような課題を抱えたままなのです。

臨床試験における医療画像の使用は急速に拡大しています