Medidata Medidata

Rave Imaging

Rave Imaging

画像の搬送時間短縮を超え、直感的な画像管理を実現

臨床試験の50%以上が医用画像診断を必要とするものです。 Rave Imagingによって、これらの試験をより速く、より安価に、より低いリスクで管理できます。 Rave Imagingは、クラウドベースで医用画像におけるすべてのタスクを安全に管理する革新的で直感的なシステムです。 施設、スポンサー、コアラボのプロセスを簡略化しながら、可視性とアクセスを向上させます。

クエリ率を最大75%削減。 世界中の5,000以上の拠点で活用されるソリューション。

Why Rave Imaging?

標準化と簡略化

画像管理における、匿名処理の自動化、要件チェック、自動配信、プロトコル定義に従った画像診断などを完全に再設計しました。 この簡略化・構造化されたアプローチによって試験をより速く、より安全にし、クエリ率を最大75%減らすことができます。

リアルタイムの可視性

画像のアップロードステータスと送信時間、画像レビューステータス、CRFデータ、および画像固有のクエリをすべてリアルタイムで追跡します。 シンプルなブラウザインタフェースにより、簡単なアクセス、高い効率が実現できるため、別のコアラボやCROプラットフォームを使う必要はありません。

どんなシステムにも統合可能

Rave Imagingは、カスタマイズなしであらゆるコアラボチームまたはネットワークと統合することができます。 また、業界をリードするデータキャプチャシステムであるRave EDCとシームレスに統合されているため、単一のプラットフォームから試験のさまざまな側面を管理できます。

臨床試験における医療画像の使用は急速に拡大しています

メディデータのエコシステム

メディデータでは、クリニカルサイエンスのデジタルトランスフォーメーションをリードし、治療薬をより早く、より効率的に生み出していくことをサポートしています。私たちのプラットフォームは、 AIや高度な分析を駆使して、サイエンスと研究を加速するために、データマネージャー、クリニカルオペレーション、治験責任医師、そして患者をつなぎます。