Medidata Medidata

Site Grants

Rave Site Grants

適切な予算編成と支払い

特定の手順に対して過剰に支払っていないか把握できていますか?施設の予算編成が遅く、物議を醸していませんか?今こそ変わる時です。

Rave Site Grants をご利用になれば、施設の予算編成と交渉に変革をもたらし、コストと時間の両方を削減できます。

非効率的な契約や予算交渉で試験を遅らせないでください。Rave Site Grantsは試験の立ち上げから運用を迅速に支援します。

Why Rave Site Grants?

治験責任医師の施設にかかる費用を削減

手順に対する交渉価格が収められた業界最大のデータベースを用いて過剰な支払いを防ぎつつ、適正な報酬が施設に支払われていることを確認することができるソリューションは、 Rave Site Grants のみです。

予算の編成と交渉を加速

Rave Site Grants は、客観的な業界ベンチマークへのアクセスを全当事者に付与し、電子交渉プロセスを効率的に実施することで、予算の編成を加速させます。

コンプライアンスリスクを低減

Rave Site Grants ではより正確な予算編成が可能となるため、研究が資金不足に陥るリスクを削減できます。また、ベンチマーク化された適正市場価格を参照することで、支払額を規制当局が妥当と考える範囲に抑えることができます。

Medidata Grants Manager

Rave Site GrantsでMedidata Rave Clinical Cloudを最大限に活用

Rave Site Grants、Rave eConsent、Rave CTMS、およびRave eTMFによる治験実施施設の立ち上げ

治験実施施設の立ち上げプロセスを自動化および規制し、ドキュメントのレビューを高速化し、ビジネスパートナー間の透明性を高め、コンプライアンスを確保します。 Rave Site Grantsを使用すると、Fair Market Value(市場適正価格)に基づき交渉を迅速に進めることができます。 Rave eConsentは、承認を通じて複数の同意バージョンのリスクを軽減するのに役立ちます。 Rave CTMSおよびRave eTMFで承認と治験実施施設の立ち上げのチェックリストを管理します。

Rave Site Grants、Rave Site Payments、Rave EDC、およびRave CTMSによって実現される、予算編成から支払いまでのエンドツーエンドのサポート

試験計画で適切な施設、手順、予算、支払いプロセスを組み合わせます。調整に必要なFTE時間を短縮することにより、複雑さを最小限に抑え、運用効率のステージを設定します。 Rave Site Grantsは、手続き、被験者の訪問、またはその他の施設料金に対して支払う金額を最適化するのに役立ちます。これを使用して、数万の施設と交渉した完全に実行された調査者契約の包括的なデータセットを参照し、最適な予算を導き出します。 Rave Site Paymentsは、Rave EDCデータベースで対象の訪問または手順が完了した後、交渉済み施設費用を設定して支払いを計算します。 Rave CTMSを使用して、プロセスのすべてのステップを追跡します。

患者中心の強力なMedidata Rave Clinical Cloud™臨床プラットフォームで研究ビジネスを加速します