Medidata Medidata

Rave Omics

Rave Omics with Biomarker Discovery

臨床試験中および試験後の有効性と安全性の判断にオミックスデータを活用

ライフサイエンス研究においてオミックスデータおよびバイオマーカーの重要性が高まっています。しかし、すべてのデータを管理し、データを臨床システムに合わせると、進歩ではなく、チームに混乱をもたらす可能性があります。Rave Omics with Biomaker Dsicoveryをご検討ください。Medidata Rave Clinical Cloudプラットフォームのクラス最高のソリューションとして、臨床試験(EDC)データに質の高いオミックスデータをつなぎあわせ、それに機械学習アルゴリズムを適用することで、実施中の臨床試験で有効性と安全性に関するタイムリーな判断を実現し、複数の試験をまたいでインサイトを得ることが可能になります。をオミックスデータの統合と解析を合理化して、新たなバイオマーカーの発見を加速します。

価値の高い分析とすぐに解析可能なオミックスデータを活用して、仮説を早期に確立・テストする

Why Rave Omics?

時間と労力を削減

すぐに解析可能なマルチオミックスデータやその他の臨床試験データを高い安全性と柔軟性を備えたメディデータプラットフォームに簡単かつ効率的に取り込むことができます。
Rave Omicsにより試験実施中にデータ管理と統合を容易にします。
これにより、様々なデータにアクセスして統合するために要する時間とチーム間の作業が大幅に削減されます。

品質管理を容易に、エラーを削減

試験実施中にオミックスデータや臨床データの品質に関する問題を自動検出することで、リスクを削減し、高コストの原因となる誤りを防ぐことができます。
Rave Omicsでは、被験者の登録中に、早期の品質管理チェックによりデータの誤りや不一致を発見し、問題解決のための時間を確保し、必要に応じて検体の再採取を可能にします。

バイオマーカー発見のための堅牢な分析

当社の堅牢で自動化された再現性の高い分析ツールは、オミックスデータにより定義された患者サブセットと、安全性や有効性の結果との相関性を特定するように設計されています。こうした機能により、計算科学研究のスタッフ、ならびに研究および臨床開発全体の取り組みを橋渡しします。
Rave Omicsは、価値の高い分析の自動化とバイオマーカー発見のための仮説生成の加速化により、計算能力を向上させます。

データ管理の時間を短縮することで、新たなバイオマーカーを特定し、患者様の生活を改善するための時間をより多く確保することができます。