Rouven Bergmann

Chief Operating Officer, Life Sciences Dassault Systèmes

Rouven Bergmann はこれまでメディデータのCOO(最高執行責任者)として戦略的財務、資本管理、価格設定、税務、コントローラーシップ、調達業務、経費管理、トレジャリーを監督していましたが、今後はダッソー・システムズのLSE部門においてチーフオペレーティングオフィサー (COO) を務め、メディデータの事業についてもマネジメントを行いながら、ライフサイエンス戦略の将来を形作るためライフサイエンス・ポートフォリオ全体の計画を実行していきます。

2015年にメディデータに入社し、2019年のダッソー・システムズによる買収の際は事業を3億ドルから7億ドル以上に成長させる財務戦略を主導しました。買収に伴いこれまでのCFOからCOOとなり買収の実行計画とメディデータにおけるグローバルオペレーションの管理を担当しています。

それ以前はSAP North AmericaのCFOとしてSAP最大の事業部のすべての財務活動を統括する役割を担っており、買収統合を主導してSAPの従来のライセンスモデルからSaaSへの移行を推進しました。2005年にSAPに入社して以来、ルーベンはSAPのグローバルR&D組織のCOOを務めたほか、ドイツ、インドのバンガロール、米国のカリフォルニア州パロアルトとニューヨークで重要なリーダーシップを発揮してきました。

ドイツのカイザースラウテルン工科大学で機械工学と経営学の修士号を、ミュンヘン大学で経済学と金融学の博士号を取得しています。