リーダーシップ | メディデータ

トップメッセージ

メディデータは、新しい治療法の開発を推進するという使命を担っています。


メディデータの歴史は、一人の科学者が初めて臨床試験に取り組んだ際に非効率や遅延による苦労を経験し、テクノロジーを活用すればプロセスを改善できると思いついた1999年に始まりました。それから時は経ち、メディデータは臨床研究・開発向けテクノロジーの業界におけるトップ企業にまで成長し、現在数千名もの従業員が共通の目標に向かって働いています。その目標とは、最新のテクノロジーの活用によって、命を救う新しい治療を人々に届ける、ライフサイエンス業界の顧客を支援することです。

リーダーシップチーム

Tarek Sherif
Life Sciences & Healthcare Sector Board Chairman for Dassault Systèmes

メディデータの共同創業者であるTarek Sherif氏は、2021年7月にダッソー・システムズのライフサイエンス・ヘルスケア部門のSector Board Chairmanに就任しました。

TarekはCEOとして20年以上にわたり、メディデータを新興企業からライフサイエンス業界向けクラウドベース・ソリューションの主要グローバル・プロバイダの1つとして、臨床開発分野では最大手へと成長させるとともに、垂直型クラウド・カンパニーのビジネスモデルを定義しました。メディデータは、世界中で最も利用されている臨床試験用プラットフォームであり、何百万人もの患者が参加する何万もの臨床試験をサポートしています。メディデータは現在、臨床試験における患者体験も再定義しており、顧客がデータとAIの力を利用して、より安全な医薬品をより早く市場に投入できるよう支援しています。2019年、史上最大級のヘルスケアテクノロジーの買収で、メディデータはダッソー・システムズの傘下に入りました。

 

Tarekは、医療技術と金融の分野で35年以上のリーダーシップ経験を持っており、メディデータ入社以前は、株式公開・非公開を問わずあらゆるテクノロジー・ライフサイエンス企業に特化したエクイティファンドの共同運営・管理を行ったほか、財務部門でさまざまな役職を歴任しました。

1984年にエール大学で経済学学士号を取得し、1991年にコロンビアビジネススクールでMBAを取得しました。ニューヨーク市のためのパートナーシップ基金の共同議長も務めており、同基金は市の住民のためにビジネスチャンスと雇用を創出することを目的としています。また、極地への教育的な遠征を通じて若者に刺激を与えることを目的とした非営利団体Students on Iceの諮問委員会や、NYU Langone Medical CenterのMusculoskeletal Advisory Boardも務めています。

Sastry Chilukuri
Co-CEO Medidata, President Acorn AI

Sastry Chilukuriは2021年7月にメディデータの共同CEOに就任しました。Sastryはメディデータのデータサイエンス事業であるAcorn AIの創業者兼プレジデントでもあります。

ヘルスケアテクノロジー分野で22年以上の経験を持っており、メディデータ入社以前は、McKinsey & Companyにおけるパートナーとして、世界中のバイオ医薬品、医療機器、テクノロジー、公共部門、および規制業務の顧客へ12年間にわたり助言を提供してきました。それ以前は、GEヘルスケアでソフトウェアエンジニアリング、製品開発、オペレーションを担当していました。

現在は、ダッソー・システムズのライフサイエンス&ヘルスケア部門およびデータドリブン型創薬企業であるCyclica社の取締役を務めるなど役員として業界をリードしています。

Sastryの知見やコメントは、会議、メディア、およびMcKinsey Insightsでの数多くの出版物を通じて広範囲に広まっており、複数の特許を保有しています。

ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院で経営学修士号を、オハイオ州立大学で理学修士号を、インド工科大学(BHU)バラナシ校で技術学士号を取得しています。

Dr. Rama Kondru
EVP, Chief Information Officer and Chief Technology Officer

Rama Kondruは2021年7月にMedidataの共同CEOに就任しました。製薬、医療機器、データサイエンス、アカデミアで20年以上の経験を持つ革新的なリーダーであるRama Kondruは、これまで3DS MedidataのEVP、CTO(Chief Technology Officer)、製品責任者として、患者中心主義、エンジニアリング・エクセレンス、アナリティクスに焦点を当てた研究開発組織を統括していました。2020年には、PharmaVOICE誌のライフサイエンス分野のトップ100リーダーに選ばれました。

2019年に3DSメディデータに入社する以前はジョンソン・エンド・ジョンソン傘下のJanssen Americasでは、Janssen Pharmaceuticals - AmericasのSVP兼CIOとしてグローバルコマーシャルテクノロジーにおける重要な役割を担っており、さらにそれ以前にはJ&J Medical Devices groupで、研究開発とイノベーションを監督するCIOの役割を担っていました。また、J&JのData Sciences and Advanced Analyticsのグローバルヘッドも務めています。

さらにJansen入社以前は、UCB Pharma社やHoffmann-La Roche社でリーダーシップや科学者としての役割を担っています。

Ramaは、複数のイノベーションアワードを受賞し、25件以上の特許と30件以上の査読付き科学出版物の著者として、業界で高く評価されています。インド工科大学ムンバイ校で学士号を取得し、ピッツバーグ大学で計算科学の博士号を取得しています。ピッツバーグ大学医学部でポスドク研究を行い、デューク大学では非常勤講師を務めました。

Anthony Costello
CEO Patient Cloud, Dassault Systèmes

ダッソー・システムズのPatient Cloud担当CEO であり、分散型臨床試験技術や戦略、Patient Cloudアプリケーション, 患者ポータルのmyMedidata, 登録やリクルートメント, TeleHealthとバーチャル訪問、センサークラウドやバイオマーカーの発見などを含む、メディデータの患者向けの活動とソリューション開発を指揮しています。

臨床研究業界における25年以上のキャリアにおいてAnthonyは、患者、施設、スポンサーのために臨床試験を簡素化できる、革新的な技術に焦点を当ててきました。Genentech社のOncology研究プログラムでキャリアをスタートし、主にハーセプチンとアバスチンのグローバル研究を担当しました。 Genentech退社後は、いくつかの臨床試験技術の新興企業を共同設立し、EDC の新興企業である Nextrials 社(PRA Health Sciences 社が買収)では共同設立者兼製品開発およびバーチャル試験の担当 VP として、また eConsent のパイオニア企業であった Mytrus 社(メディデータが買収)では共同設立者兼 CEO として活躍しました。Mytrus の買収後、Anthony はモバイルヘルス担当VPとしてメディデータの Patient Cloud チームに参加し、ブランドのリーダーとして、またメディデータのシニア・リーダーシップ・チームの一員として、メディデータ・プラットフォーム上のすべての製品・機能の製品戦略の策定に貢献しています。

PharmaVoice の「Top 100 Most Inspiring People in Clinical Research」に選ばれ、Society for Clinical Data Management の理事長も務め、現在は Applied Clinical Trials 誌の編集諮問委員会のメンバーでもあります。 また、カリフォルニア大学バークレー校で社会学の学位を取得しており、臨床研究におけるテクノロジーの効率的な利用に関するテーマで頻繁に執筆や発表を行っています。

Naveen Bhateja
SVP, Chief People Officer

Naveen は、メディデータの SVP、チーフピープルオフィサーで、採用、ワークプレイスソリューション、ダイバーシティ&インクルージョンチームを含む人事全般をグローバルに統括しています。Naveen はシニアリーダーシップチームの一員として、ビジネス戦略家および信頼できるアドバイザーとして活動しており、人材戦略がビジネスの成功を後押しすると確信しています。

メディデータに入社する前は、ジュニパーネットワークスの人事担当グローバルバイスプレジデントとして5年間、50カ国をサポートしていました。この職務では、戦略分野への再投資を支援するために、2億ドル以上の運営費を節約した労働力計画プロセスの抜本的な見直しなど、全社的な変革イニシアチブを主導しました。ナビーンのキャリアは、GE、JPモルガン・チェース、エクスペリアン、アマゾンなどの企業で25年近くに及びます。また、Geeks Rule の非営利団体の理事を務め、Taproot Foundation のプロボノアカウントディレクターを務めています。

英国リーズ大学でMBAを取得し、スタンフォード大学でデザイン思考のトレーニングを受けました。

Janet Butler
Senior Vice President of Strategic Partnerships and Enterprise Accounts
Janet Butlerは、ダッソー・システムズのエンタープライズ&ストラテジック・パートナーシップ担当シニア・バイス・プレジデントです。   
 
Butlerは、グローバルパートナーシップとエンタープライズクライアントを取り巻くライフサイエンスビジネスの責任者です。
Butlerのチームは世界中の顧客やパートナーと協力し、臨床試験・研究を推進するメディデータとダッソーソリューションの導入を進めています。
2016年にメディデータに入社し、同社の戦略的パートナーシップを主導した後、エンタープライズビジネスのリーダーシップまでその責任範囲を拡大しています。  
 
メディデータ入社以前はIBM20年以上勤務し、数多くの指導的役割を果たしました。
IBMでの直近の職務は、ハイブリッド・クラウド担当バイスプレジデントであり、
北米全域でのハイブリッドクラウドソフトウェアの販売を指揮しました。
また、IBMコマースとインダストリー・ソリューションの世界的なセールスをリードするグローバルな役割も担っていました。
IBMのウォールストリートビジネスのソフトウェアセールスを指揮していました。
 
デラウェア大学を卒業し、理学士号を取得しています。
Rick Goldstein
EVP, General Counsel

Rick Goldsteinはメディデータの法律顧問を務めており、ビジネスに特化した法務チームを率い、顧客関係のサポート、知的財産の保護、データのプライバシーと保護に関する規制への助言、企業リスクの特定と軽減、革新的なテクノロジーとデータ分析製品の開発に付随する最先端の法的問題への対応を行っています。

メディデータ入社以前、世界有数の法律事務所であるオーリック・ヘリントン・サトクリフ法律事務所のパートナーとして、反トラスト法、知的財産権、その他の複雑な商業訴訟や調査において、世界的に有名なテクノロジー企業や製薬企業を代理していました。 それ以前には、インターネット広告のパイオニアであるダブルクリック社の副法律顧問や、メルク社の商業/法律チームに所属していました。ニューヨーク大学ロースクールで法務博士号を、ペンシルバニア大学で学士号を取得しています。

Linda Hassan
Vice President, Diversity, Equity and Inclusion
Jackie Kent
EVP, Chief Customer Officer

Jackie KentはChief Customer Officerとして新たに設立されたカスタマーソリューション&サクセス(CSS)部門を率いており、メディデータの製品やサービス利用時のすべてのステップにおいて、ポジティブな顧客体験を提供することに注力しています。CSS部門は、クロスファンクショナルな顧客戦略を用いて、顧客の声を組織全体に浸透させ、マーケットおよび患者の最も重要なニーズを満たす革新的なソリューションを通じて価値を提供しています。

メディデータ入社以前はイーライリリー社に28年間勤務し、IT部門からスタートしその後は臨床開発部門でリーダーシップを発揮してきました。IT、臨床試験のデザインと実施、および臨床試験のサプライプランニングにいたるまで幅広い知識を持っており、臨床試験用MRPシステム(SAP)やLilly IRTシステムなど、これらのチームをサポートするITシステムについても知見を有しています。

また、バトラー大学でコンピュータサイエンスの学士号を取得しており、現在はAssociation of Clinical Research Organizations (ACRO)の副会長、Society of Clinical Research Sites (SCRS)のリーダーシップカウンシルのメンバーも務めています。

Wendy Lurrie
SVP, Global Marketing

Wendy Lurrieはグローバルマーケティングチームのシニアバイスプレジデントを務めており、メディデータのブランディング、グローバルにおけるマーケティング、顧客コミュニケーションなどをすべてのマーケティング戦略を担っています。

これまで、ブランディング、ダイレクトマーケティング、CRM、デジタルマーケティングなど、あらゆる分野のマーケティングに30年以上携わっており、直近は、gyro NY の社長を務め、gyro:human の創設者として、同社初のヘルスケア事業を展開しました。また、GreyやFCBでも要職を歴任し、マーケティングと戦略のコンサルタント会社SPUR partnersを共同設立しました。

2008年には「Working Mother of the Year」に選ばれ、ヘルスケアやB2Bマーケティングに関する記事を多数執筆しています。ニューヨーク大学で英語と言語学を専攻し、学士号と修士号を取得しています。

 

Michael Pray
EVP, Chief Commercial Officer, Life Sciences

Michael Prayは、Dassault SystèmesのLife Science Engagement部門のチーフコマーシャルオフィサー(CCO)としてDassault Systèmesのブランドおよびソリューションをライフサイエンス分野でグローバルに展開するためのGo to Marketチームを率いています。

25年以上の業界経験を持つPrayは、スタートアップ企業および成長企業双方において、ハイパフォーマンスな営業チームを構築し、事業規模を拡大した実績を持っています。2016年からは、メディデータ社においてグローバルコマーシャル組織のEVP兼ゼネラルマネージャーを務めていました。

メディデータ入社以前は、IT資産とサービスを効率的に管理するクラウドソリューションを提供するグローバルテクノロジー企業であるTangoeのチーフレベニューオフィサー(chief revenue officer)を務めていました。Tangoe社以前は、IBMのソフトウェアグループで14年間勤務し、幹部職を歴任し、ワールドワイドの分析ソリューション営業担当副社長として、営業、技術営業、チャネルの責任者を務め、年間15億ドル以上の売上を達成しました。

ミシガン大学アナーバー校で学士号を取得しています。

Tobias Schaefer
CFO, Chief Financial Officer

Tobias SchaeferはメディデータのCFO(最高財務責任者) として、価格設定、財務計画・分析、コントローラシップ、購買、税務、財務オペレーションなど財務活動全体を統括しており、財務面から会社の戦略目標達成を推進しています。

2016年に入社して以来、財務関連の業務においてリーダーシップを発揮し、メディデータの成長を支える財務チームの構築に貢献してきました。直近では、財務担当SVPとして、メディデータの財務計画、コントローラシップ、購買チームのマネジメントも行ない、ダッソー・システムズによるメディデータの買収に向けたデューデリジェンス活動にも貢献しました。

メディデータ入社以前は、シーメンス・ヘルスケアのLaboratory Diagnostics事業の財務担当バイスプレジデントとして、主要な新製品の開発やGo to Market戦略に関連するすべての財務活動を統括していました。2009年にシーメンスに入社して以来、ドイツと米国のシーメンスで財務担当の上級職を歴任しています。

ノースイースタン大学で国際ビジネスの理学士号を取得し、ドイツのロイトリンゲンにあるヨーロピアン・スクール・オブ・ビジネスでファイナンスの学位を取得しています。

Joe Schmidt
EVP, Professional Services

Joe Schmidtは、ダッソー・システムズの子会社であるメディデータのプロフェッショナルサービス担当エグゼクティブ・バイスプレジデントです。Schmidt は 2,000 社を超える顧客をサポートするグローバルチームを率い、製品導入から継続的な試験サポート、戦略的コンサルティング、デジタル変革、スタディマネジメント、分析、プラットフォーム管理に至るまで、さまざまなサービスを提供しています。

臨床研究業界で25年以上にわたってチームを構築し、リードしてきた経験を持ち、主に、より良い治療をより早く患者に届けるためのテクノロジーソリューションの提供に注力しています。2017年にメディデータに入社し、顧客をサポートするとともに、モバイル、患者向け、分散型臨床試験ソリューションを統括するPatient Cloud サービスチームを創設しました。

メディデータ入社以前は、Clinical Ink.の最高執行責任者(COO)を務めており、さらにそれ以前は、MedAvante(現WCG)で10年間、エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーとして、ソリューション開発とグローバル展開の活動を主導してきました。Covance社でキャリアをスタートし、臨床業務に携わりながら、次第に責任ある役割を担ってきています。スクラントン大学で生物学の学士号を取得しています。