Medidata Payments認定スタディ構築担当者

Medidata Payments認定スタディ構築担当者

Medidata Payments認定スタディ構築担当者

説明:Payments認定スタディ構築担当者クラスは、システム管理者と「スーパーユーザ」のためのものです。受講者は、臨床試験中に施設への支払いを完了するために必要となる、以下を含むコンポーネントの構築のための認定を取得します。

  • スタディ、施設、組織の構成
  • アクティビティ費用のトリガの作成
  • 支払先と支払の発生したアクティビティとの関連付け
  • EDCシステムを使った統合サービスの設定

認定を取得するには、受講者は、

  • 前提条件のクラスを修了し、
  • 認定試験に合格し、
  • Capstoneに合格する必要があります。

前提条件のコース*:

施設への支払い:考察とコンピテンシー(eラーニング)
Medidata Paymentsの概要(eラーニング)
Medidata Paymentsの実行(ILT)
Medidata Paymentsの設定(ILT)

*前提条件のコースは、各認定区分で提供されている現行バージョン対応コースを受講してください。旧バージョンで受講すると、アップグレードトレーニングが必要になる場合があります。

*この区分の修了認定には、試験とCapstoneに合格する必要があります。

試験の詳細:設問25問、制限時間90分の試験が英語のみで提供されます。

試験日程:

新しい「on-demand」試験配信アプリケーションを見越して、年の最後の試験日(12月17日)、および2021年のEMEA・アメリカ・APAC・インドの試験日は中止になりました。Medidata Professional認定チームは、学習者が新しい試験配信システムに登録する方法に関する詳細情報を2月に発表する予定です。お問い合わせは、電子メールでcertification@mdsol.comまでご連絡ください。

Capstone:Medidata Capstoneは、Paymentsスタディ構築担当者認定の最終ステージです。Capstoneでは、既習のコースに含まれるトピックのコンセプトに基づいた、複数のシナリオで構成された評価を行い、単独でPaymentsを設定できる実力を確認します。前提条件となるトレーニングおよび認定試験の修了すると、認定条件を満たすためのCapstoneの受験が指定されます。Capstoneを修了し、指定された日から10営業日以内に成果物を提出してください。

注:Payments認定スタディ構築担当者試験およびCapstoneは、英語のみの実施となります。試験日程の選択の際は、各地域のタイムゾーンにご注意ください。

すべての試験日程は変更されることがあります。Medidata Professional認定に関するお問い合わせは、メディデータの担当プロジェクトマネジャーまたはcertification@mdsol.comまでご連絡ください。