Medidata Medidata

Precision Oncology Trials

今日、プレシジョンメディシン によって、がん領域の治療, は変革をしつつあり、患者のアウトカムを改善する新たな可能性や治療が生み出されています。しかし、この変革によって臨床試験を実施する際に新たな複雑さが生じます。

適格患者の不足 | 臨床試験の複雑性の増大 | 膨大なデータ

臨床試験における課題: 症例数の不足、膨大なデータ

適格基準を満たす患者は少なく、バイオマーカーおよびその他のパラメータのデータが膨大であるという 2 つの主な課題への取り組みを臨床開発におけるテクノロジーがどのように支援しているのかについて探る。

がん領域の課題に取り組む統合プラットフォーム

メディデータの Vice President (Michel Becci) 並びにゲストスピーカー (Mark Maclean氏) によるウェビナーをご覧ください。ウェビナーでは、がん領域の臨床試験における課題および隠れたリスクにどのように対応できるかについて 紹介しています。

統合プラットフォームが臨床開発を切り拓く

がん領域におけるプレシジョンメディシンの臨床試験では、メディデータの統合プラッ トフォームにより、試験の開始から終了までお客様をサポートします。

計画 | 施設の選定 | 患者エンゲージメント | データ収集 | 管理・モニタリング | 試験途中の変更 | 試験後の解析

       

  
ビデオを見る  

メディデータの統合化されたプラットフォームは、がん領域におけるプレシジョンメディシンの臨床試験の開始から終了に至るまでお客様を支援することにより、標的療法を実現し、患者様に貢献できる研究を効率的かつ効果的な実施できるようサポート支援します。