Medidata Remote Monitoring

Medidata Remote Monitoring In Clinical Trials

オンサイトからオフサイトオーバーサイトへのシフトを強力に推進

スポンサーやCROは、臨床現場へのアクセスが限られていたり、アクセスが制限されていたりすることが多く、患者の安全性とデータの質を確保しつつ、モニタリングの実施モデルを適応させることが急務となっています。メディデータのリモートモニタリングは、オンサイトとオフサイトのハイブリッドなアプローチを可能にする総合的なソリューションで、100%オンサイトモニタリングからリモートモニタリングへの移行を可能にします。

メディデータのリモートモニタリングは、集中統計モニタリング、中央データモニタリング、オフサイト/リモートサイトモニタリングの3つの中核業務から構成されています。

The Critical Need for Remote Monitoring Strategies

臨床データ収集・レビューの最適な設計に関するメディデータの見解についてはこちらをご覧ください

Medidata Detect

データ品質を向上させ、試験リスクを低減するためにデータを積極的に監視する

集中統計モニタリングと集中データモニタリングは、機械学習と自動化されたアルゴリズムによって駆動されるMedidata Detectによってサポートされており、試験データの統合とインジェスト、異常の特定、試験のリスクの発見を支援します。データはリアルタイムで流れ、必要に応じて更新することができ、安全性と品質のレビューの動的な要件をサポートします。

Medidata Remote Source Review

重要なソース文書を安全にリモート監視することで、試験をスムーズに進めることができます

Rave TSDV

最も重要なことに焦点を当てる

Rave TSDVは、規制コンプライアンスやデータ品質を犠牲にすることなく、削減されたターゲットソースデータ検証(TSDV)戦略の設計、構成、実行を可能にする構成可能なツールです。