Medidata Medidata

Rave Virtual Trials

Rave Virtual Trials

臨床試験のバーチャル化により、患者、CRO、スポンサー全ての体験を向上

臨床試験をバーチャル化することで、従来の臨床試験モデルでの課題が解消されます。 バーチャルトライアルは、スポンサー、治験責任医師、そして患者との相互関係を最適化し、患者の負担軽減や試験にかかるコスト削減を実現します。

Rave Virtual Trials は、バーチャルトライアルや従来のタイプとのハイブリッドな試験のための患者向けのインターフェイスとして機能する、直感的なWebベースのアプリケーションです。 メディデータの「トライアルダイヤル」は、従来の通院による試験とバーチャルトライアルの適切なバランスの均衡と、 “患者中心 (Patient Centricity)”の実現をサポートします。

バーチャルトライアルの特徴をぜひご覧ください。 Rave Virtual Trials を使用すると、運用効率、スケーラビリティ、および患者のリクルートメントと試験継続の維持の向上に役立ちます。その結果、データ品質が向上し、試験にかかるコストを削減することができます。

バーチャルトライアルの柔軟性が高まれば、試験は企業にとっても患者にとってもより容易にかつ効率的なものになります。

Why Rave Virtual Trials?

これまでと同じような試験をバーチャルで実現

これまでのやり方、バーチャルトライアル、もしくはその2つを組み合わせたハイブリッドタイプなど、どの形でも実現できる「トライアルダイヤル」の考え方で、試験をコントロールすることができます。 従来の通院による施設訪問型の試験とバーチャルのバランスを取りながらコストを削減し、試験の効率を最大化する唯一無二のプラットフォームです。

単一のデータソース

単一のデータソースを提供する包括的なMedidataプラットフォームにより、データ管理を合理化し、運用コストを削減することができます。 Rave EDCと統合されたMedidataプラットフォームは、分析、規制、コンプライアンスのすべての要件を満たしています。

エンゲージメントとコンプライアンスの向上

真の患者中心のプロトコルを作成し、患者の負担を軽減し、患者のリクルートメントの課題を緩和します。 バーチャルトライアルでは、データは患者に紐づいているため、他では実現し難い利便性をもたらします。

Rave Virtual Trials はBest Sponsor-Focused Technological DevelopmentとしてPrestigious Scrip Awardを獲得しました