Medidata Medidata

Rave Centralized Statistical Analytics

Rave Centralized Statistical Analytics

より洞察に満ちた臨床試験のレビューを実現

臨床試験データをモニタリング・レビューすることは、臨床開発計画を確実に成功へと導くうえで欠かせません。しかし、現在の手動プロセスではエラーが生じる場合が多く、これによってデータ品質が劣化し、試験の遅れが生じることで費用がかさみます。

Rave Centralized Statistical Analyticsは、臨床試験施設のパフォーマンスとデータの品質についての洞察を瞬時に示すことができます。CSA は Medidata Clinical Cloud の必須コンポーネントとして、さまざまなシステムから取得したデータを統合し、被験者毎に包括的なレポートを作成します。これにより、試験の実施期間にわたって、極めて重要なデータの変更を検出・追跡できるようになります。

Rave Centralized Statistical Analytics は、機械学習を通してデータを統計的にクリーンアップすることで、臨床試験データの品質と整合性を高めます。

臨床試験データの包括的な分析

Rave Centralized Statistical Analytics の高度かつ堅固な統計アルゴリズムを駆使して、データドメイン、治験実施施設、被験者のデータ間に非一貫性がないか臨床試験データベースの包括的な点検を行います。

試験グレードの自動算出

SDTM データ用のテンプレートを使用して FDA に提出されるすべての臨床試験毎に、データ品質を示す試験グレードを自動で算出するように設定できます。

多次元分析

臨床試験の総合グレードは、全体的なデータの一貫性を表しています。また、依頼者、臨床試験、適応症、疾患領域間での比較も可能です。

潜在的な問題領域の特定

個々の治験実施施設のグレードにより、その施設内のデータ品質を測定したり、手順上の問題やデータエラーが発生するリスクの高い試験や施設を特定したりできます。