Medidata Medidata

Rave Centralized Statistical Analytics

Rave CSA (Centralized Statistical Analytics)

試験データの隠れた箇所に光を当てる

Rave CSAはデータを集約し、単に可視化するだけの製品ではありません。機械学習を用いた先進的な異常データ検知を行い、既知のリスクと未知のリスクをより迅速かつ正確に識別します。プログラミングの努力や統計の専門知識がなくても、臨床試験のパフォーマンスとデータ品質についてすぐにインサイトを見出すことができます。試験期間を通して、網羅的な試験概要が得られることにより、部門を超えた効率的なコラボレーションが実現できます。

機械学習を用いて試験データの品質向上を実現。未知のエラーを逃さない。

Why Rave CSA?

データ品質の問題を軽減

手作業によるデータレビューは手間がかかります。症例や施設横断分析で発見される広範囲なデータ品質問題や、目視では簡単に発見できない問題を見出すといった目的には、マニュアルのデータレビューは有用ではないことが分かっています。 Rave CSAは、複数のソースやフォーマットからデータを取り込むのにかかる時間を大幅に節約できます。何百万ものデータポイントからパターンや傾向を特定し、典型的なデータ品質チェックでは特定できない問題を短時間で見出します。 Rave CSAの使用により、編集チェック、ソースデータの検証、クエリ、およびSASデータ管理を省略できます。

規制上の課題を回避

たった一つの施設によりもたらされる問題が試験全体を揺るがすようなことは避けなければなりません。 Rave CSAの使用により、特定施設におけるパフォーマンスの面での逸脱、ある症例の、または症例間比較で判明するデータの一貫性の欠如、有害事象報告の相違、不規則なデータ変動などが容易に特定できるばかりではなく、さらに重要なことに、不正行為の可能性までも発見できます。

タイムリーな是正措置を実施

データ分析から得られたインサイトを試験の早い段階で活用することにより、より良い意思決定を行うことができ、また、リスク評価、試験の品質計画、モニタリング計画、プロトコルデザインなどにおける是正措置または予防措置の実行を早めることが可能となります。 早い段階で施設や症例にRave CSAで得られたインサイトから導かれる教育を施すことで、繰り返し発生する問題が防止でき、是正措置と予防措置のタイムリーな実施を計画化することができます。

Medidataの専門家による臨床試験におけるアナリティクスと機械学習の活用についてご紹介します。

What can you do with Rave CSA?

症例プロファイル

Rave CSAは、業界最先端の症例プロファイルを備え、個々の症例における重要データの安全性と医学的レビューを可能にします。複数のデータソースから収集され、標準化、統合化されたデータをタイムリーにまとめることで、症例の全体像をつかむことができます。。症例プロファイルの簡単なデモをご覧ください。

試験および施設レベルのダッシュボード

Rave CSAは、データ分析から得られた施設および試験の品質をグレード表示した便利なダッシュボードを備えます。試験に関するダッシュボードと施設レベルのダッシュボードの簡単なデモをご覧ください。

KRI テーブル

Rave CSA主要リスク指標(KRI)機能は、試験特有のニーズに基づいて施設の傾向を可視化します。セントラルモニタリングチームは、データ品質を損なう可能性がある、特定の施設で発生する、または国レベルで発生する一定の行動傾向やパフォーマンスの懸念、また、試験データに関する問題など、注意を払わなければいけない情報を得ることができます。 KRIテーブルの簡単なデモをご覧ください。

One-View テーブル

Rave CSA のOne-View テーブル機能は、問題に優先順位を付け、最も重要な問題を指摘します。データマネージャーは様々な方法で施設や症例ごとの各変数のグラフを表示させることができます。 One-View テーブルの簡単なデモをご覧ください。