Rave EDC

Rave EDC

作成したいデータベースを
正確かつ簡単に作成

他に例を見ない効率で患者データを収集、管理、レポートすることができます。Rave EDC (電子データ収集)は、業界有数のデータエンジンかつMedidata Clinical Cloudの基盤であり、迅速な導入と業務効率性を実現します。柔軟なアーキテクチャにより、臨床および非臨床データを収集し、また他のモジュールと容易に統合することができます。また、臨床試験の種類、期間、複雑さによらず拡張可能な構造となっています。

Rave EDCは他のどの
臨床システムよりも多くの臨床試験を支援

迅速性

Rave EDCは、ワークフローにおいてお客様が求める要件に柔軟に対応できます。アダプティブデザインを用いた臨床試験や、プロトコル変更、要件の改定など、臨床試験の継続中であってもシステムを中断させることなく容易に変更可能です。Rave EDCはCRF (症例報告書)を多重管理できるため、既存データを新しいフォームやシステムにシームレスに統合できます。

拡張性

クラウドネイティブのアーキテクチャを採用しており、1つの臨床試験から100以上の試験へ、あるいはフェーズI試験をグローバル規模のフェーズIV試験にまで拡張させることができます。統合されたMedidata Clinical Cloudの一部であるRave EDCは、臨床試験のフェーズや事業の成長速度によらず、従来のEDCをはるかに超えるデータ管理とレポート機能を提供します。

即応性

Rave EDCは複雑な個別の臨床試験要件を容易に管理することができ、プログラムをカスタマイズする必要はありません。使いやすいポイント・アンド・クリック方式のブラウザインターフェイスを使用し、ダイナミックCRF、ワークフロー、データの盲検化、SDV (原資料との照合)の要件、辞書のコーディングなどを設定できます。