Medidata Medidata

Synthetic Controls Database

Synthetic Control Database™

最終的により効果的なプログラムになるよう、開始時に試験対象の疾患をより深く理解する。

Synthetic Control Database (SCD™) は、臨床開発計画の設計および実施の裏付けとなる対象疾患への理解を深めます。Medidataの膨大な臨床試験データの蓄積を礎としたSCD可視化ツールは、集約された統計およびインサイトを読み解き、サブグループの予後、短期のエンドポイントと長期の奏功との相関関係、サブグループに対するベースライン特性、一般的および稀な有害事象、その他多くのものを理解できるようにします。

SCD™ は、病に関する臨床的な問への解を提供し、その疾病を対象とする臨床試験をの適切な設計を支援します。

Why Synthetic Control Database™?

類をみない患者データ、今までにない扱いやすさ

すべてがクリーニング、標準化、匿名化および情報集約された17,000以上の臨床試験と400万以上の症例から成るデータアセットにアクセスできます。サマリ統計や探索的評価等のあらかじめ用意された分析を提供するウェブベースの可視化ツールにより時間と手間を減らします。

より予後を予測する力

適切な疾病経過を示す予後因子を特定し、その結果今後の試験の組み入れ基準を絞り込み、臨床試験のエンドポイントを満たすために必要な被験者の数を削減します。データベース内で標準化された安全性および有効性アウトカムの変数の分析を通じて予測的な特性を特定することで、お客様の試験の効率性とリスク対効果比を向上します。

安全性およびファーマコビジランス

この他に類を見ないデータソースおよび可視化ツールへのアクセスにより、安全性イベントの解釈がより簡単でより明確になります。過去に実施された複数の治験のデータを組み合わせて取得した多くのサンプル量により、より正確に有害事象発生率の推定を検出できます。

先駆的なアナリティクスで強化された統一プラットフォームの価値