Medidata Medidata

Course

ベストプラクティス:Raveスタディ構築とグローバルライブラリ管理

Prerequisites

以下のいずれかを受講済みであること。

  1. Raveスタディデザインと構築エッセンシャル(Study Design and Build Essentials;SDBE)、あるいは
  2. Rave スタディデザインと構築エッセンシャル(DM担当者用)および Raveスタディデザインと構築エッセンシャル(データバリデーション)

Raveのスタディ構築経験(このワークショップの申込までに)

Overview

このコースでは、スタディのプランニングと構築のプロセスに関するベストプラクティスを紹介します。

受講者は、以下のベストプラクティスを学習します。

  • スタディの最良の開始ポイントの特定
  • フォームのデザインと構造
  • データ収集でのログとダイナミクスの活用
  • フィールド属性の使用
  • グローバルライブラリの開発と更新
  • アーキテクトローダーの使用とオンラインスタディ開発の使用
  • エディットチェックアクションおよび関数、計算項目、およびカスタム関数の使用に関するベストプラクティス
  • 出力に関する考慮事項
  • スタディ構築に関する考慮事項 - 他のメディデータモジュールとの併用
  • コア設定およびセキュリティ設定

このコースは、Raveの最新リリースバージョンに基づき実施されます。

*講師が、受講者一人ひとりに時間を割くことができるよう、受講者の人数は最大10名を推奨します。 最大15名でも可能ですが、講師が受講者一人ひとりに割く時間がなくなるため、推奨しません。

Course Type

講師によるライブ講義

Audience

Study Designers/Builders

Max Attendees

15

Duration

4日

Languages

English, Japanese

Product

Rave EDC (Legacy)

Training Units

4

Cancellation

トレーニング開催日より5営業日前のキャンセル - 受講料の100%請求
トレーニング開催日より10営業日前のキャンセル- 受講料の50%請求
トレーニング開催日より20営業日前のキャンセル- 受講料の25%請求

コース概要 − ベストプラクティス:Raveスタディ構築とグローバルライブラリ管理