Medidata Medidata

Course

Rave EDCエッセンシャル:トレーナー養成(TTT)

Prerequisites

臨床試験の経験を有すること

Overview

このコースでは、Rave EDCおよびクエリ管理モジュールを使用した臨床試験データの入力方法およびクリーニング方法について説明します。

このコースのトレーナー養成部分には、プレゼンテーションスキルの概要と講師としての能力の評価が含まれます。オプションで、メディデータトレーナーが候補者の「初授業」を監査します。

受講後、受講者はEDCおよびクエリ管理トレーニングを自分が認定を取得した組織内のRaveエンドユーザに実施する資格を得ます。受講者は、自分がトレーニングを受けたRaveバージョンでのトレーニングを実施する認定を取得します。例えば、Rave 5.6.3のEDC TTTを受講した場合、Rave 5.6.3 EDCを使用するトレーニングを実施できます。

単位を取得するためには、ティーチバックに合格する必要があります。

このコースは、Raveの最新リリースバージョンに基づき実施されます。このTTTコースは、メディデータアカデミートレーナーによってのみ実施されます。

最大受講者数:5名

Course Type

講師によるライブ講義

Audience

Data Managers, Monitors

Max Attendees

5

Duration

2日

Languages

Chinese (Mandarin), English, Japanese, Korean

Product

Rave EDC (Legacy)

Training Units

2

Cancellation

トレーニング開催日より5営業日前のキャンセル - 受講料の100%請求
トレーニング開催日より10営業日前のキャンセル- 受講料の50%請求
トレーニング開催日より20営業日前のキャンセル- 受講料の25%請求

コース概要 − Rave EDCエッセンシャルトレーナー養成(TTT)