Medidata Medidata

Course

Raveエッセンシャル:アウトプット担当者用

Overview

このコースでは、Raveのデータ入力とスタディ構築の基本的な概念について学習します。Rave出力の抽出を行うアウトプット担当者を対象としたRaveの基礎コースです。

受講者は以下を学習します。:
• Raveへのアクセス
•スタディ、施設、被験者への移動
• データ入力
•クエリによるデータのマーキング
• eCRFの構築

このコースは、Raveの最新リリースバージョンに基づき実施されます。また、Medidata Rave認定スタディ構築担当者認定試験 の単位にはカウントされません。

注:Rave Web ServicesまたははMedidata Targeted SDVの基本事項トレーニングの受講を予定しているが、Medidata Raveスタディデザインと構築エッセンシャル(DM担当者用)またはRaveスタディデザインと構築エッセンシャルコースをまだ受講していない場合には、このコースは必須です。

 

最大受講者数:15名

*講師が、受講者一人ひとりに時間を割くことができるよう、受講者の人数は最大10名を推奨します。 最大15名でも可能ですが、講師が受講者一人ひとりに割く時間がなくなるため、推奨しません。

Course Type

講師によるウェブ講義, 講師によるライブ講義

Audience

Outputs Specialists, Reporting Specialists

Max Attendees

15

Duration

ウェブ講義(リモート):半日のセッションが連続2回、または1日(終日) のセッション ライブ講義:1日(終日)

Languages

English, Japanese

Product

Rave EDC (Legacy)

Training Units

1

*リモートでの受講には、お一人様一日あたりUSD20の追加料金が発生します。

Cancellation

トレーニング開催日より5営業日前のキャンセル - 受講料の100%請求
トレーニング開催日より10営業日前のキャンセル- 受講料の50%請求
トレーニング開催日より20営業日前のキャンセル- 受講料の25%請求

コース概要 − Raveエッセンシャル(アウトプット担当者用)(ライブ講義)