Medidata Medidata

Study Site Analytics

Study Site Analytics

明日のパフォーマンスを向上させるために、施設の今を理解する

臨床研究学会 (SCRS) と共同で開発されたStudy Site Analyticsは、治験実施施設が特定の試験に対するパフォーマンスを測定することを可能にします。メディデータの豊富なデータセットを活用した直感的なダッシュボードを通じて、治験実施施設はいつ、どのように遅れているか、あるいは優れているかを明確に判断できるようになり、より良い情報に基づいた意思決定を行うことが可能になります。

Screen Failure Percent, Early Termination Percent, Enrollment Metrics - All One Click Away

Why Study Site Analytics?

試験パフォーマンスの透明性

Study Site Analytics Medidata Rave Clinical Could プラットフォームの一部であり、治験実施施設は試験レベルの傾向を特定し、そのパフォーマンスをベンチマークすることができるようになりました。ダッシュボードには、スクリーニング不合格率、早期終了率、登録者数などのメトリクスが表示され、匿名化された他の治験実施施設とのベンチマーク比較も表示されます。透明性が向上したことで、施設はより良い情報に基づいた意思決定を行い、全体的な満足度とパフォーマンスを向上させることができます。

行動可能なコラボレーション

より深いインサイトと新たな視点から、施設は他の施設、スポンサー、CROと協力して、不足している可能性のある特定のプロセスや手順に対処することができます。 ダッシュボードは、コラボレーションを促進するメトリクス標準を活用するために開発されたもので、業界と施設がパートナーとなり、試験のコンプライアンス、生産性を向上させ、より強固な関係を構築することができます。