Course

Medidata Raveスタディデザインと構築エッセンシャル(DM担当者用)

Prerequisites

臨床試験の経験を有すること

Overview

Medidata Raveスタディデザインと構築エッセンシャル(Study Design and Build Essentials; SDBE)(DM担当者用)では、スタディの管理と維持に必要なRaveの基本的な機能について説明します。このコースでは、RaveでのスタディのeCRFの構築と更新に必要なRaveの基本的な機能について学習します。基本的なeCRF構築スキルおよび簡単なデータバリデーションの構築スキルを学習し、スタディデザインにおけるヒントや慣行を確認します。さらに、グローバルライブラリ(スタディコンポーネントの再利用ツール)、アーキテクトローダー(オフライン編集およびスタディ移行のツール)などの追加モジュールの機能についても学習します。

このコースには、パートごとに1つ以上の確認テストが含まれます。コースの履修単位を取得するには、確認テストに合格することが必須です。

このコースでは、Classic RaveまたはRave EDCの最新リリースバージョンを使用します。このコースをリクエストする際にはRaveのバージョンの説明を確認してください(プライベートクラスの場合のみ)。2019年以降、すべてのパブリッククラスではRave EDCが使用されています。

注:本コース「スタディデザインと構築エッセンシャル(DM担当者用)」と「スタディデザインと構築エッセンシャル(データバリデーション)」コースの両方を修了すると、認定試験の前提条件の1つである「Raveスタディデザインと構築エッセンシャル」を修了したとみなされます。

最大受講者数:15名

選択可能な形式 ライブ講義がスケジュールされているクラスでは、このコースの初日がウェブ講義(リモート)で実施されることがあります。その場合、残りの2日は翌週に対面形式で実施されます。

*講師が、受講者一人ひとりに時間を割くことができるよう、受講者の人数は最大10名を推奨します。 最大15名でも可能ですが、講師が受講者一人ひとりに割く時間がなくなるため、推奨しません。

Course Type

講師によるウェブ講義, 講師によるライブ講義

Audience

Data Managers, Sponsor Personnel, Study Designers/Builders

Max Attendees

15

Duration

リモート提供は半日×5回、インストラクターによるクラスルーム形式は3日間となります。 注:ライブ講義の場合、トレーニングの初日にのみ講師によるウェブ講義をご利用いただけます。その他の講義は、講師によるライブ講義です。

Languages

Chinese (Mandarin), English, Japanese, Korean

Product

Rave EDC

Training Units

3

Certification

Medidata Rave Certified Study Builder

Class Fee

お一人様$1,500(USD)*リモートでの受講には、お一人様一日あたり$20(USD)の追加料金が発生します。

Cancellation

コースに登録する前に、メディデータアカデミー トレーニングデリバリーのキャンセルポリシーを参照してください。公開コースは、予定されている開始日の5営業日前までに登録者が1人もいなかった場合、キャンセルになります。

コース概要 − Rave スタディデザインと構築 エッセンシャルコース(DM担当者用)(ライブ講義)