Medidata Medidata

Course

Rave設定可能データセット

Prerequisites

Rave EDC エッセンシャル - すべてのロール
SQLコードに関する知識

Overview

このコースでは、Medidata Rave Web Servicesを使用したRaveのクリニカルデータ抽出テクニックの概要を説明します。Medidata Rave Web Services(RWS)は、オープンなWeb APIを使用したデータ統合をサポートするメディデータ製品でのトランザクショナルデータ交換インターフェースのセットです。

受講者は、トレーニング環境でSQLクエリを実際に記述したり、クリニカルビューにアクセスして、主要なトピックスを学習します。

受講者は以下を学習します。

  • Rave設定可能データセットを使用したデータ抽出に必要なアクセス
  • Raveオブジェクトモデルの概要
  • RaveでSQLを使用した基本的なデータ抽出
  • Rave設定可能データセットで抽出したデータを他の形式(CSVやXMLなど)に変換する方法

このコースは、Raveの最新リリースバージョンに基づき実施されます。

最大受講者数:10名

Course Type

講師によるウェブ講義, 講師によるウェブ講義

Duration

半日のセッションが連続2回

Languages

English

Product

Rave EDC (Legacy)

Training Units

1

*リモートでの受講には、お一人様一日あたりUSD21の追加料金が発生します。

Cancellation

Please review the Medidata Academy Training Delivery Cancellation Policy prior to scheduling.

コース概要 − Rave 設定可能データセット