Medidata Medidata

プロダクトDeep Dive シリーズ

Medidata主催オンラインセミナー

プロダクト Deep Dive シリーズ

オンデマンド配信中

オンラインセミナー概要

COVID-19 パンデミックが世界中で続く中、スポンサーと CRO は、患者の安全性とデータの整合性を維持しながら試験を継続することに苦慮しています。ここに課題を解決できるソリューションがあります。

・モニタリング業務の効率化や負荷の軽減
・被験者の来院回数の減少とオンサイトモニタリングの減少による影響を迅速に評価
・効率的なサンプリングSDVを実現
・被験者の利便性や満足度を向上
・データ品質を向上、試験の変更に適応、試験開始までの時間の短縮を可能とする無作為化と薬剤供給管理

 

多くの方にご参加いただいた6月16日開催の【特別セミナー】臨床開発を再起動させるために  ~コロナ禍でわかったこと、これからに備えること~ では、米国本社の各領域の専門家が、COVID-19下における世界の臨床開発の現状と課題、そしてそれらの課題に対応するソリューションの概要をご紹介させていただきました。

この度の、プロダクトDeep Diveシリーズは、前回のウェビナーの補完的位置づけであり、ウェビナーの中で触れられなかった、個々のソリューションについてデモンストレーションを交えて深堀りをしてく内容となります。モニタリング業務の効率化や負荷の軽減の観点では、被験者の来院回数の減少とオンサイトモニタリングの減少による影響を迅速に評価することができセントラルモニタリングツールであるRave CSA、効率的なサンプリングSDVを実現するRave TSDV、また、被験者の利便性や満足度を向上させるといわれる、治験のバーチャル化に寄与する、Rave eConsent(電子版同意説明文書)やRave eCOA/ePRO、データ品質を向上、試験の変更に適応、試験開始までの時間の短縮を可能とする無作為化と薬剤供給管理ソリューションであるRave RTSMなどを6回に分けてご紹介していきます。

リモートモニタリングや治験のバーチャル化はテクノロジーさえあれば実現できるものではなく、テクノロジーと運用、加えてガイドラインのすべてが揃って初めて実現すると考えています。メディデータは臨床開発を支援するテクノロジーベンダーとして、海外の動向も含めた速やかな情報の提供に努め、COVID-19をきっかけとした、今後の臨床開発の在り方を一緒に考えていけるパートナーして、努力してまいりたく存じます。

 

<<オンデマンド配信セッション一覧>>

電子版同意説明文書 Rave eConsent

患者報告データとウェアラブルデバイス連携 Rave eCOA/ePRO, Rave Wearable Sensors

治験のバーチャル化 Virtual Trials

モニタリング業務の効率化と負荷の軽減 Rave CSA(Medidata Detect)¹, Rave TSDV

無作為化と薬剤供給管理ソリューション Rave RTSM

医療画像データ管理 Rave Imaging

¹ Rave CSAはMedidata Detectに製品名称が変更となります。ウェブサイトの情報も今後アップデートしてまいります。

<<対象者>>

・臨床開発に携わる、全てのスポンサー、CRO、アカデミア等の施設関係者の皆さま

※すでに該当のメディデータ製品をご利用中、または直近でメディデータから製品のご紹介を受けているお客様については重複する内容がある場合もございますため、必要に応じて、ご興味のあるセッションのみご選択いただけますようお願いいたします。また、社内トレーニングや教育の観点でもご活用いただければと思いますので、是非社内で共有してください。

※製品の詳細な説明が含まれるため、弊社が想定する競合他社様につきましては参加をお断りしております。あらかじめご了承ください。

 

<<セミナーに関するお問合せ>>

マーケティング部
japanmarketing@medidata.com

 

※下記お申込みボタンをクリックするとオンラインセミナープラットフォーム、ON24のサイトに移動します。