Medidata Blog

デザインによる患者中心主義の実現に向けて…メディデータはどのようにして患者の声をソフトウェア開発のライフサイクルに取り入れているのか

Reading Time: < 1 minute

 

ライフサイエンス業界では、患者中心主義という言葉が重要なトレンドとして考えられていますが、正しい行動を伴わずに患者中心主義の考えを推進すると、その言葉の意味が薄れ、患者は不満を感じてしまいます。新しいNEXT Virtual カンファレンスセッションでは、弊社の患者エンゲージメント担当シニアディレクターであるAlicia Staleyが、デザインによる患者中心主義のためのメディデータの具体的なフレームワークを説明し、2019年の実績をレビュー、2020年に向けたロードマップをご紹介します。メディデータのアプローチには患者の声が不可欠であることから、Staleyは、3人の患者擁護者であるTJ Sharpe氏、Liza Bernstein氏、Anne Marie Mercurio氏をバーチャルセッションに招き、パネルディスカッションを行います。

Staley はプレゼンテーションの中で、メディデータの患者中心主義へのアプローチの根底にある根本的な疑問について述べています。患者中心のソリューションを開発するために、患者をきちんと関与させるにはどうすればよいのか?この疑問に答えるために、Staley は、彼女と彼女のチームがどのようにして患者中心主義を定義することから始めたかを説明しています。患者中心主義に関連する100以上の研究論文を検討した後、彼らはGuy Yeoman氏らが執筆した2016年の論文から以下の定義を選びました。患者中心主義とは、"その人とその家族にとって最高の経験と結果を得るために、患者を尊重し、思いやりを持ってオープンで持続的な関与の中で、患者を第一に考えること "を意味します。

この定義から、Staley とそのチームは、メディデータのデザインによる患者中心主義 (PCbD) のプロセスを確立しました。これは、ソフトウェア開発のライフサイクルに患者の視点を取り入れ、臨床研究の相互作用における患者の体験全体を向上させる技術的なソリューションを作成するための正式なプロセスとなります。

Staleyと彼女のチームは、デザイン、エンゲージメント、活性化という患者中心主義の3つの中核となる原則を中心にPCbDを構築しました。

デザイン患者の視点を第一に考えた製品やソリューションを開発・設計します。このためには、共感を得るためのPatient Journey、ソリューションを定義するための患者の視点、アイデアを出すための患者の目標、プロトタイプへの患者の期待、製品テストのための患者の成果を理解する必要があります。

エンゲージメント患者との一貫した交流ポイントを構築します。メディデータは、デザインプロセスの初期段階で、患者自身が患者の視点を共有するために適したイベント「Patient Design Studios」を開催しています。

活性化患者が臨床研究プロセスに積極的に参加できるようにします。メディデータは、患者の擁護者、介護者、リーダーシップチームのメンバー、プロダクトチームのメンバーで構成される患者デザイン諮問委員会を設立しました。このグループは、PCbD のソフトウェア開発ライフサイクル手法に対するガバナンスの監視を提供しています。

2019年、メディデータはPCbDプログラムを正式に開始し、社内の主要なチームメンバーと2つの対面式患者デザインスタジオを運営し、デザインの原則を開発・公開し、患者を取り込むための重要なポイントについてソフトウェア開発ライフサイクルプロセスを評価しました。これまでのところ、2020年には初のバーチャル患者デザインスタジオを開催し、メディデータのeConsent製品はPCbDの審査プロセスを経ています。また、メディデータは今年、患者デザイン諮問委員会を立ち上げ、患者やスポンサーと協力して希少疾患やがんの共同デザインスタジオに取り組み、当社のPCbDプログラムに関する研究を科学誌に発表する予定です。

Staleyは、COVID-19により、患者とのコミュニケーションがこれまで以上に重要になると強調しています。パネルディスカッションでは、3人の患者擁護者がこの点を強調しています。Anne Marie Mercurio氏は、早期疾患の積極的な治療を受けるために医療センターに行かなければならない人々の恐怖について説明している。彼女は、COVID-19の危機は、状況を変えるチャンスであると付け加えています。彼女は、テクノロジーを使って患者の体験を改善するために、COVID-19禍を超えてこの危機感を業界に伝えるよう呼びかけています。「患者さんにとって重要でなければ、正しいことをしていないことになります」と彼女は語っています。

Liza Bernstein氏にとって、患者とのコミュニケーションは、試験終了に伴う日々の不確実性に対する患者さんの不安を軽減するために特に重要であると考えています。彼女は、業界が患者に手を差し伸べる本物の方法を見つけることを望んでおり、COVID-19の時代に効果的に適応した他の業界から創造的なソリューションを引き出すことを推奨しています。Bernstein氏は、ライフサイエンス業界に対して "人々が実際に何をしているのかを考慮に入れ、彼らが敬意を持って文化的にどこから来ているのか "を認知させることに挑戦しています。

TJ Sharpe氏は、ライフサイエンス業界がこれまでのやり方をやめて、患者に治験を提供し、最高の体験を提供する方法を評価することを望んでいます。彼は、患者は臨床試験ソリューションのエンドユーザーであり、患者にとって最高の体験を提供することが、最終的には臨床試験の実施に関わる全ての人にとって最も価値のあるものになるということを訴えています。

Watch the NEXT Virtual Conference, with the session “Patient Centricity by Design: The Path to Patient-Centric Solutions.”

Read the Economist Intelligence Unit’s 2020 patient centricity report with a foreword from Alicia Staley.

Guy Yeoman, et al., 2016: Defining patient centricity with patients for patients and caregivers: a collaborative endeavour

ブログトップに戻る

Yuko Sugitomo Image

Yuko Sugitomo

Comments are closed.