myMedidata

業界で最も包括的な患者中心のソリューションが患者体験と利便性の向上をもたらす

業界では、試験設計に仮想化技術を取り入れ始めており、多くの場合、複数のポイントソリューションで構成されています。

myMedidata は、業界をリードする Rave EDC をベースに構築された患者専用ポータルで、世界のどのシステムよりも多くの臨床試験施設で使用されています。myMedidata を利用することで、患者はオンラインデバイスを使用して、バーチャルに臨床試験に関する情報へのアクセス、登録、参加を行うことができます。これにより、臨床試験を仮想化するための合理化された信頼性の高いアプローチを提供します。

myMedidata は、メディデータの電子同意と臨床結果評価 (eCOA) のための患者向けソリューションのすべての機能に加え、myMedidata LIVE を使用した治験責任医師/患者のライブビデオ訪問を、1つのウェブベースの直感的なインターフェースで提供します。

myMedidataで患者体験を向上させ、臨床試験を変革する

myMedidata がどのようにして患者に対応したソリューションを 1 つの統一プラットフォーム上で統合し、医療機関が業務を合理化し、一貫性のある追跡可能なプロセスの維持を実現しているかご覧ください。

ファクトシート

被験者登録とその維持でお困りですか?臨床試験をバーチャル化する方法についてわからないことはありませんか?

myMedidataは、患者のエンゲージメントとリテンションの向上、臨床試験のタイムラインの短縮、試験のバーチャル化によるリスクの軽減を実現します。

患者さんのことを第一に考えた臨床試験


Patients

単一の臨床試験ダッシュボード

myMedidata は、スマートデバイスやデスクトップ/ラップトップからアクセスできるため、遠隔地からの訪問を可能にし、リアルタイムのデータ収集を促進します。また、余分なアプリケーションやログイン、不要なデバイスのプロビジョニングが不要になります。

Sponsors/CROs

継続的な臨床データの取得が可能

治験実施施設と患者を同じデータプラットフォーム上に配置することによりシステム間のデータ統合の作業を排除します。プロビジョニングされたデバイスや複数のベンダーの必要性を減らすことで、オペレーションを大幅に合理化し、試験開始時の複雑さを軽減することができます。

Sites

テクノロジーの標準化

患者さんを現場のスタッフと同じテクノロジーでサポートすることで、臨床試験の義務を簡素化します。遠隔地からの訪問やバーチャルな患者との関わりにより、プロトコルの遵守やコンプライアンスが向上します。