Medidata Remote Source Review

Medidata Remote Source Review

安全なリモート監視で効率性とスピードを向上

リモートでのサイトのモニタリングは、もはや「必要なもの」ではありません。臨床試験業務の継続的な成功には、専用のリモートサイトアクセスとモニタリング戦略が必要です。オンサイトでの文書レビューの必要性を減らしながら、文書のレビューを迅速化し、リスクを軽減し、治験施設の負担を軽減できることを想像してみてください。メディデータのリモートソースレビューはクラウドベースのソリューションで、モニターが重要な文書を迅速かつリモートで取得し、適切な試験と施設に適したモニターへの文書ワークフローを自動化し、ソースデータ検証(SDV)とソースドキュメントレビュー(SDR)をサポートするために文書をレビューできるようにします。

Medidata Remote Source Review

重要なソース文書を安全にリモート監視することで、試験をスムーズに進めることができます

Why Medidata Remote Source Review?

モニタリング訪問のコスト削減

重要なソース・ドキュメントのリモート・モニタリングにより、SDV/SDRのためのモニターの準備や現場に行くためのコストが削減され、現場への出張や訪問のための経費が不要になります。

医療機関の負担を軽減

シンプルなアップロードと再データ化ツール、自動化されたワークフロー/タスク管理により、サイトがSDV/SDRのモニタリング訪問の準備に費やす時間を大幅に削減します。Remote Source Reviewは、Rave EDC(該当する場合)に接続されており、被験者を自動的に作成し、データ入力に費やす時間を短縮します。

効率とスピードの向上

オフサイト/リモートモニタリングにより、移動時間が不要になり、ドキュメントのレビュースピードが向上し、最初のデータレビューまでの時間が短縮されます。データの取り込みと読み込み時間を短縮することで、試験の管理効率を向上させることができます。

データ品質とコンプライアンスの確保

メディデータのリモートソースレビューは、21 CFR Part 11 に準拠したシステムで、PII と PHI を保護し、エラーを削減するための再編集機能を内蔵しています。 インテリジェントなワークフローと柔軟な権限設定により、指定されたサイトの適切なモニターにソース文書を自動的に配布することができます。完全な監査ログと文書化により、データの追跡と再検証を支援し、監査に失敗するリスクを低減します。

監視、制御、可視性の獲得

リモートソースレビューは、タスク管理とステータス更新のための一連の標準レポートを提供し、すべてのアクティビティをキャプチャする完全な監査証跡で監視を向上させます。 電子文書をアップロードすると、すぐにレビューが可能になります。

メディデータがCTIと提携し、COVID-19に対応した臨床試験のリモートソースレビューを実施