Medidata Medidata

Patient Centricity

Patient Centricity ー患者の声を活かした医薬品開発 ー

患者に寄り添う臨床試験を目指して

患者の歩んでいく旅路は、試験開始前の該当試験に関する理解を促すための教育から始まり、インフォームドコンセントのプロセス、データ取得、分析、および試験終了まで長期に渡ります。アクセシビリティ、施設の利便性、サポート、エンゲージメントが患者の満足度の向上につながる可能性があることを考慮しながら、患者が臨床試験と向き合い対話する方法を理解することが重要です。臨床試験をバーチャル化することで、スポンサーは患者の意向を試験の設計と実装に組み入れることができ、患者、スポンサー、および試験チーム全体にとってより満足度の高い、共感的な患者体験とシームレスなプロセスが可能になります。

オンコロジーの臨床試験におけるeCOA利用についての動画を見る

Medidata Patient Cloudにより実現される患者中心の医薬品開発

Medidata Patient Cloudには、臨床試験のあらゆる段階で患者を支援し、患者の試験に対するエンゲージメントを深めることに役立つ一連のソリューションが揃っています。 Rave eCOA、Rave EDC、Rave eConsent、Rave Wearable Sensors、およびRave Virtual Trialsにより、長期間にわたるペイシェント・ジャーニーを支援することができます。 Rave eConsentは患者が利用しやすい電子化されたインフォームドコンセントであり、自動的にRave EDCにそれらの情報が登録されます。 Rave eCOAを使用すると、どこからでも電子的に臨床アウトカムデータを、すでにRave EDCと統合されている単一の統合プラットフォーム内に収集することができます。 Rave Wearable Sensorsを使用すると、頻繁かつ継続的で客観的なデータを患者から直接収集できます。 Rave Virtual Trialsは、コストを削減し、試験を迅速化し、治験実施施設または遠隔から患者データを取得するモバイルデバイス等のデジタルツールにより、患者リクルートメント状況を改善します。

共同創設者のグレンによるメディデータのエコシステ紹介動画を見る。