Medidata Medidata

Edge CTMS

Rave CTMS

クラウドベースの臨床試験
管理システム

チームが本来集中すべき業務に時間を割くことができるようにする、革新的で直感的で柔軟な治験管理システム(CTMS)を探しているなら、Rave CTMSがそれに応えます。 Rave CTMSはデータ駆動型に設計されているため、必要なときにデータを利用し、より正確でタイムリーで実用的な試験を実現します。データを入力すれば、Medidata Rave Clinical Cloudプラットフォーム上であればどこでも再利用できます。他のチームメンバーがすでに上流で行った作業を繰り返す必要はありません。 Rave CTMSを使用すると、大幅な運用効率の向上、試験の可視性を高め見落としを防ぎ、最適化されたモニタリングを実行できます。

詳細な試験の進捗状況をタイムリーに可視化し、より良い決断を。

Why Rave CTMS?

臨床試験管理

チームは、登録データを提供するために被験者情報を入力しなければなりませんか?試験のマネージャーは実際の情報を確認するよりも、さまざまな情報源からの情報を編集するのにより多くの時間を費やしていますか?

Rave CTMSを使用すると、毎日の試験進捗状況の詳細から大局的なエグゼクティブの視点まで、手動での追跡、複数のシステム、データの照合などを行うことなく、リアルタイムで洞察を得ることができます。試験の登録数とマイルストーンをまとめたクロススタディレポートを作成します。試験の進捗状況、チームの割り当て、ドキュメントのステータス、タスクとベンダーをすべてクラウドから追跡します。

実施施設のモニタリング

時間の投資と運用コストを削減しながら、医療機関訪問レポートの生産性を向上させます。Rave CTMSでモニタリングレポートを直接作成し、レビュー、承認、確定します。確認レターおよびフォローアップレターを作成します。確認レターやモニタリングレポートを含む未処理のアクションを追跡し、可視化します。

Rave EDCとの統合

CRAはCTMSと訪問管理と報告のプロセスに満足していますか?上流のアプリにすでに入力されているMVRに情報を入力するのに何時間もかかっていますか?

Rave CTMSを使用すると、時間と運用コストを削減し、データの正確性を高めながら、CRAのワークロードの非効率性に対処し、訪問レポートの生産性を高めることができます。モニタリング訪問レポートをRave CTMSで直接作成し、レビュー、承認、および確定します。確認とフォローアップの手紙を作成します。確認レターやモニタリングレポートを含むオープンな行動を追跡し、その可視性を提供します。

イシュー管理

あなたのチームはあらゆる種類の試験における問題を追跡するために複数のシステムまたはスプレッドシートを使用していますか?施設モニタリング訪問で発見されたプロトコルの逸脱がCTMSに反映するまでにどのくらいかかりますか。

Rave CTMSは、治験、国、施設、および被験者レベルですべての問題、ニアミス、および関連するアクション項目のタイムリーな監視を臨床試験を通して提供する、集中型の機能横断型の問題管理機能を備えています。規制の問題に対処し、施設のパフォーマンスを向上させ、一貫したデータ品質をサポートするためにタイムリーな行動をとることができます。

Louis Minham
Senior Director IT, CTI Clinical Trial & Consulting
Rave CTMS

CROのCTI が、Rave CTMSを選択した理由と実装方法について語る。

Rave CTMSでMedidata Rave
Clinical Cloudを最大限に活用

Rave CTMS および Rave EDC

統合プラットフォーム、データ駆動型戦略の利点は、トライアルマスターファイル(TMF)にまで広がります。 Rave CTMSはRave eTMFとシームレスに連携して、施設認定訪問、施設開始訪問、施設暫定監視文書などの重要な成果物のTMF自動生成を提供するため、試用期間を短縮しリスクを最小限に抑えることができます。 Rave CTMSとRave EDCおよびRave eTMFを組み合わせることで、コンテンツ、データ、およびワークフローを正確に統合することで、試験計画から試験終了時に至るまで、業界で最も包括的なプラットフォームを実現できます。

Rave CTMS および Rave RBM

基盤としてRave CTMSを使用すると、Rave RBMに移行して、リスクベースのモニタリングアプローチを次の試験に取り入れることができます。統一されたプラットフォームはRave CTMSとRave RBMの両方がデータ要素を共有することを可能にし、リスクと問題があるところにリソースを再配置することを可能にする最適化された施設モニタリングを容易にします。

Rave CTMS、Rave eTMF、Rave eConsent、およびRave Site Grantsによって有効になる施設の有効化。

Medidata Rave Clinical Cloudプラットフォームは、施設の有効化プロセスを自動化および規制し、文書のレビューを迅速化し、ビジネスパートナー間の透明性を高め、コンプライアンスを確実にすることができます。 Rave Site Grantsを使用すると、Fair Market Value(FMV)価格でより迅速な交渉を促進できます。当社のRave eConsentツールは、承認を通じて複数の同意バージョンのリスクを軽減するのに役立ちます。 Rave CTMSおよびRave eTMFを使用すると、承認と施設有効化チェックリストを管理できます。

Rave CTMS、Rave Site Grants、Rave EDC、およびRave Site Paymentsによって可能になる、エンドツーエンドの支払い予算

試験を計画するとき、Medidataは正しい施設、手順、予算と支払いプロセスを決定することを支援することができます。複雑さを最小限に抑えることで、調整に必要なFTE時間を短縮することで、運用効率のステージを設定できます。 Rave Site Grantsを使用して、完全に実行された捜査官契約の包括的なデータセットを参照することで、手技、被験者の来院、またはその他の施設使用料に対して支払う金額を最適化します。対象の訪問または手順がRave EDCで完了した後に支払を計算するために、交渉された施設費用がRave Site Paymentsに設定されます。このプロセスのすべてのステップを追跡するためにRave CTMSを使用してください。

CRO AperioがRave CTMSを使用して試験情報を統合し、Excelトラッカーやそ属人的なレポートでの管理から解放されました。