Rave Coder: 臨床試験における医療コーディング

Rave Coderは、Rave EDCや外部ソースからの逐語的な用語に対して、高速で正確な医療コーディングができるようにするものです。機械学習と自然言語処理により、Rave Coderは自動的に最適な辞書とのマッチングを提案します。

Rave EDCとの統合により、コーディングする用語の転送を自動化し、医療コーダーへのクエリとその回答を施設に誘導し、最終的なコーディング決定をRave EDCに戻すことで、コーディングを簡素化・高速化することができます。

Why Choose Rave Coder?

正確なコーディング

Rave Coderで正確な医療コーディングを実現します。自然言語処理と機械学習を使用したコーディングサジェスチョンアルゴリズムにより、最も近い辞書の単語を自動的に見つけます。このアルゴリズムは、提案されたマッチングの影響を定量化し、コーディングの精度を向上させるために「オンザジョブ」学習します。

効率的なコーディング

Rave Coder で EDC データを効率的にコーディングします。Rave Coderは、Rave EDCと密接に連携し、自動化された医療コーディングワークフローを実現します。Rave EDCの逐語は、Coderでコーディングタスクとしてフラグが立てられます。Coder で発生したクエリーは、Rave EDC の関連する逐語と照合して表示され、回答が Coder に返されます。Coder で用語がコーディングされると、コーディングの決定が Rave EDC に戻されます。

最新の辞書

辞書のメンテナンス作業をなくし、常に最新の辞書にアクセスできるようにします。

Rave Coderでは、辞書のメンテナンスはメディデータが管理し、MedDRA、WHODrug、JDrugの新しい辞書のバージョンがリリースされると10営業日以内に更新が行われます。

Rave Coderの主な特長

01 コーディング提案のアルゴリズム
コーディング提案のアルゴリズム

コーディング提案のアルゴリズム

コーディングの手間と時間を削減し、精度を向上させます。自然言語処理と機械学習を使用して、Rave Coder はコーディング待ちのタスクの提案を表示します。コーディング担当者は、提案されたコーディングの決定を表示し、提案を受け入れるか、辞書ブラウザと検索機能を使用して代替案を見つけることができます。

02 同義語リスト
同義語リスト

同義語リスト

頻繁に使用される用語のコーディングが加速されます。医療コーダーは、コーディングの決定を記録するよう依頼することができ、次回同じ逐語に出会ったときに、同義語リストを使用して自動的にコーディングされるようになります。

03 辞書のメンテナンスとバージョンアップ
辞書のメンテナンスとバージョンアップ

辞書のメンテナンスとバージョンアップ

辞書と試験を最新に保つ。MedDRA、WHODrug、JDrugからの新しい辞書バージョンのアップロードはメディデータにお任せください。最新の辞書バージョンへのスタディのアップバージョンは、コーディングスペシャリストが使用するように設計されたセルフサービスモジュールで完了します。シノニムの移行、影響度分析、試験のアップバージョンなどのタスクを実行するために、プログラミングの専門知識は必要ありません。

04 クエリの統合管理
クエリの統合管理

クエリの統合管理

データクエリの確認と回答は1ヶ所で行えます。Rave Coderでコーディングスペシャリストが提起したコーディングクエリは、Rave EDCで現場の担当者が見ることができます。これにより、現場とコーディングスペシャリストが即座にコミュニケーションを取り、不一致の解決に必要な時間を短縮することができます。

05 外付けのバーベイタム用語管理
外付けのバーベイタム用語管理

外付けのバーベイタム用語管理

すべての試験とデータソースで一貫したコーディングの決定を行うことができます。Rave EDC以外の用語をRave Coderにインポートし、Rave Coder内でコーディングし、Rave EDC以外で管理されている用語を含むすべての臨床試験で一貫したコーディングの決定を行うことができます。

関連ソリューション

Rave Data Management

Rave Data Management

Rave Coder は、Medidata Clinical Cloud™ 上のメディデータの臨床データ管理の統合ソリューションの一部で、複数のソース(Rave EDC、Medidata eConsent、Medidata eCOA、MyMedidata、Rave RTSM、Rave Imaging、Sensor Cloud)からのデータの集約と照合、Rave TSDV と Medidata Detect による高度なデータレビューと分析が可能になっています。

Rave EDC

Rave EDC

Rave EDC は、臨床試験施設、患者、ラボのデータを収集・管理するための最も高度で堅牢、かつ安全なシステムです。

これまでに26,000件以上の臨床試験をサポートし、700万人以上の患者さんのデータを取得しています。

Rave Safety Gateway - 安全性データの送信

Rave Safety Gateway – 安全性データの送信

Rave Safety Gatewayは、Rave EDCのAEとSAEを安全性システムに正確かつ効率的に送信します。重複したデータ入力を排除し、安全性ケースデータの送信を加速し、臨床チームと安全性チーム間のデータ照合を軽減します。

もっと詳しく

ホワイトペーパー

拡張性、柔軟性、インテリジェントを備えた近代化された臨床データ管理

このホワイトペーパーでは、臨床データ管理(CDM)が現代の臨床試験で高まるデータの圧力に迅速に対応しなければならない理由を要約し、複雑化する臨床試験の世界で成功するために必要な、最新のインテリジェントCDMプラットフォームの基盤となる3つの柱について説明します。

Case Study

サウサンプトン臨床試験ユニットのデジタル変革を加速し、COVID-19試験を支援

メディデータがサウサンプトン臨床試験ユニットのデジタル変革の加速を支援し、世界的な健康ブームの中でサポートを提供した事例をご覧ください。

インフォグラフィック

現在および将来の臨床試験のための臨床データ取得と管理の近代化

臨床データの状況は進化し続けていますが、データの管理方法は、データソース、種類、量、速度の増加に追いついていないのが現状です。このインフォグラフィックは、臨床データの取得と管理を近代化するための課題を探り、解決策を提案します。

パーソナライズド・アセスメント・ツール

Medidata Explorer

臨床データの収集と管理に関する最大の課題と優先事項は何ですか?

対話型ツールを使って、メディデータのソリューションが貴社の役割に特有の問題への対処にどのように役立つかを確認し、個別のアクションプランをお受け取りください。

Contact Sales