Rave Imaging | 医療画像データ

単なる画像配信にとどまらず、迅速かつ革新的な画像管理へ。

治験の50%以上に医療用画像が使用されています。Rave Imagingを選択すれば、これらの試験をより速く、より安く、より低いリスクで管理することができます。Rave Imagingは、革新的で直感的なシステムで、すべての医療用画像処理業務をクラウドベースで安全に管理します。治験施設、スポンサー、コアラボのプロセスを簡素化しながら、画像データを可視化し、完全にコントロールすることができます。

イメージング戦略を再考する

全体コストの削減

Rave Imaging は、手動ステップ、データ照合、手直し、経費、画像準備時間、放射線技師の評価読み取り時間の削減を通じて、臨床試験における画像管理の総コストを削減することができます。

サイロ化したデータの排除と可視性の獲得

Rave Imagingは、すべての臨床試験のエンドツーエンドプロセスを統合することにより、多くのシステムやコアラボからイメージングデータを管理する際に、サイロ化したデータや切断されたプロセスを排除することができます。

テクノロジーを接続することで、すべてのサイト、臨床試験、コアラボのすべてのイメージングデータをリアルタイムで可視化できます。

拡張性の高いエクスペリエンス

臨床試験で重要な画像を管理するシステムを選択する場合、信頼できる迅速かつ安全なソリューションが必要です。

1000件以上の臨床試験で使用されてきたRave Imagingは、お客様のすべての試験管理をサポートする幅広い経験を持っています。

画像とデータの品質向上

Rave Imagingの画像提出に対する構造的なアプローチは、ワークフローを簡素化し、効率を向上させ、画像管理に関連する時間とコストを削減すると同時に、データの品質と信頼性を向上させることができます。

イメージングとEDCの統合プラットフォームがもたらす力

画像処理とEDCの統合環境は理にかなっています。どちらも臨床試験の管理をサポートする重要なデータを収集します。2つのデータ収集環境を統合することで、統合データプラットフォームのパワーを引き出し、時間、リソース、コストを削減することができます。

両方のツールのデータをシームレスに表示できるため、手動で操作することなく、適切なデータを適切なユーザーに適切なタイミングで提示することができます。統合は、プロセスの合理化、タイムラインの短縮、可視性の向上につながります。

画像処理戦略を見直し、コントロールを取り戻す。

最近の臨床試験用画像の大手企業ほぼすべての合併・買収(M&A)は、スポンサーとサイトにとって同様に大きな不確実性をもたらしています。

これらの変化や混乱を予測し、適切に対処することは、臨床試験に直接影響を与える可能性があります。

4分間で現在のリスクと機会を評価し、臨床試験における画像診断の変革において、コントロールを取り戻し、飛躍することができます。

主な特長

01 インテリジェントなワークフロー
Intelligent Workflows

Intelligent Workflows

設定可能なワークフロー管理は、臨床試験のすべてのステップをオンタイムで完了することをサポートします。Rave Imagingのインテリジェントワークフローは、画像とデータの収集を簡素化し、画像のアップロードプロセス中に直ちに編集チェックと識別解除を実行するように設定されています。さらに、アップロード後の配布とレビューのプロセスを、お客様のプロトコールデザインに従って自動化します。

02 セキュアで構造化された画像提出
セキュアで構造化された画像提出

セキュアで構造化された画像提出

構造化された画像送信プロセスは、ユーザーの作業プロセスを補完し、データ入力とワークフローのステップを最小限に抑え、エラーの可能性を低減し、問い合わせを最小限に抑えます。

Rave Imagingでは、画像のアップロード時に識別情報の削除を設定でき、送信前に編集チェックを設定できるため、データのプライバシーと品質を確保することができます。  Rave Imagingは、21 CFR Part 11に準拠したシステムです。

03 画像レビュー
画像レビュー

画像レビュー

画像の放射線学的レビューと測定・評価データの取り込みがすべて同じツールで行えます。

04 画像分野におけるAI
画像分野におけるAI

画像分野におけるAI

臨床試験のイメージングワークフローのほぼすべての段階が自動化されつつあります。  Rave Imagingは、ピクセルPHIの検出と除去のための主要なAIアルゴリズムを組み込んでいます。

関連ソリューション

Rave EDC

Rave EDC

メディデータの Rave EDC (Electronic Data Capture) は、あらゆる臨床試験データの収集と管理に対応した、最も高度で堅牢かつ安全な EDC システムです。Rave EDC は Medidata Clinical Cloud™ の基礎となるもので、プロセスを接続し、データ照合を排除し、部門横断的かつ試験横断的なデータ洞察を提供する統合臨床研究プラットフォームです。

Rave Data Management

Rave Data Management

Rave EDC はメディデータの統合ソリューション Rave Data Management の中核をなすもので、複数のソース(Medidata eConsent、Medidata eCOA、MyMedidata、Rave RTSM、Rave Imaging および Sensor Cloud)からのデータの集約と照合、Rave TSDV と Medidata Detect によるデータのレビューと分析のインテリジェンスを可能にします。

Medidata Adjudicate

Medidata Adjudicate

Medidata Adjudicate は最先端の臨床エンドポイント判定システムで、Medidata Clinical Cloud™ と完全に統合されており、臨床試験の判定に関するあらゆるニーズに対してワンストップショップとして機能する独自の機能を備えています。

もっと詳しく

ホワイトペーパー

臨床試験イメージングにおける革新的な技術

画像データのプライバシー、収集、取得、解釈のための人工知能や機械学習のアプリケーションが登場したことにより、画像データの品質向上や意思決定に役立っています。

e-Book

イメージング戦略の再考

画像管理における落とし穴を回避する。 Rave Imagingを使用すれば、臨床試験の画像データを再び管理できるようになり、臨床試験における画像管理方法を変革することができます。

ビデオ

臨床試験の画像管理における課題を解決

臨床試験における画像管理は複雑です。

Rave Imagingは、コストと時間を節約し、治験全体で画像の完全な可視性を提供することで、和解を減らすことを支援します。

ビデオ

臨床試験イメージングにおける革新的技術

臨床試験のイメージングにおいて、最も革新的で注目すべき進歩は、画像の解釈と解析の方法です。

これらの進歩は、臨床試験の画像データの収集、処理、解析の方法だけでなく、画像データのクリーニングや臨床結果との関連付けの方法にも変革をもたらす可能性を秘めています。

Contact Sales