Rave Data Management

メディデータの臨床データ管理および臨床データ収集のためのRaveデータマネジメントソリューションは、複雑な手作業のプロセスを排除し、より迅速な洞察のための高品質なデータを提供します。その結果、スタディ構築時間、クエリ量、データ修正率、レポーティングのターンアラウンドが大幅に削減されます。

Rave データマネジメントソリューションは Medidata Clinical Cloud™ 上で動作し、Rave EDC、 eCOA、 eConsent、 myMedidata、 Sensor Cloud、 RTSM、 Imaging、 Coder、 Safety Gateway 間の相互運用性を提供します。

MEDIDATA EXPLORER

パーソナライズド・アセスメント・ツール

治験における臨床データの取得と管理について、最大の課題と優先事項は何ですか?

メディデータのインタラクティブツールで、メディデータのソリューションが貴社の具体的な課題の解決にどのように役立つかをご覧ください。

データマネジメントの近代化への道

01 クリニカルデータマネジメントの近代化
臨床データマネジメントの近代化の必要性

臨床データマネジメントの近代化の必要性

臨床データの状況は常に進化しています。臨床データ管理は、取得されるデータの多様性、量、速度に対応するために、柔軟性、拡張性、インテリジェンスを備えている必要があります。データは、完全な患者ビューを提供するために統一され、問題を特定するためにインテリジェントに分析され、データベースロックを加速し、臨床データ分析を開始するために自動的に変換される必要があります。

02 クリニカルデータマネジメントの将来像
臨床データマネジメントの未来像に追いつきましたか?

臨床データマネジメントの未来像に追いつきましたか?

臨床データ管理(CDM)は変化する必要があり、また迅速に変化する必要があります。臨床試験におけるデータの取得と管理のための従来の方法は、これまでにない方法で破壊されています。この混乱により、規制当局も業界も、患者にケアを提供するための新しい方法を可能にし、実行する方法について、徐々に考えることを余儀なくされています。

03 CDCM 事例

メディデータのRaveデータマネジメントがPROMETRIKAにどのように貢献しているか

データ収集のアプローチが統合され統一されていればいるほど、複雑な臨床試験で有利になります。

Dr. Miganush Stepanians, President and CEO, PROMETRIKA

04 市場投入のスピードアップ
一元化で市場投入までの時間を短縮

一元化で市場投入までの時間を短縮

Medidata eCOA、Rave EDC、Rave RTSMの統合により、単一のデータソースを使用して、情報に基づいた意思決定をリアルタイムに行うことができます。統一されたプラットフォーム上で同じバックエンドを使用することにより、二重のデータ入力がなく、合理的なワークフローを実現します。

05 CDCMの近代化のための柱
クリニカルデータの取得と管理を近代化するための3つの柱

クリニカルデータの取得と管理を近代化するための3つの柱

臨床データの収集と管理のプロセスとテクノロジーは、分散型臨床試験の導入の加速とプロトコルの複雑化の継続に対応するために進化する必要があります。臨床データの収集・管理の近代化に対するメディデータのアプローチについてご覧ください。

Rave Data Managementの利点

リスクの軽減

データの完全性、データの質、患者の安全性に対するリスクを軽減します。Medidata Clinical Cloudは、スタディ内またはポートフォリオ全体における完全なデータの透明性を実現し、スタディチームが意思決定を加速してスタディ効率を高め、最終的にリスクとスケジュールを削減できるよう支援します。

重複チェックとデータ照合が不要

Medidata Clinical Cloudの統合プラットフォームは、アプリケーション間の完全な相互運用性を実現します。これにより、異種システム間で共通するデータ転送、統合、照合に由来する冗長性と非付加価値活動を削減することができます。

複数のシステムやアプリケーションを排除することで、プロセスとワークフローを合理化し、すべてのチームと試験業務の生産性を向上させることができます。

リアルタイムでのデータインサイト

Medidata Clinical Cloudですべてのスタディデータを一元管理することで、実用的な洞察を容易に可視化させることができます。

Medidata Clinical Cloud上の任意の製品、または当社のプラットフォームに接続された外部システムでデータを取得すると、データ照合の必要なく、自動的にレポートと抽出に利用できるようになります。これにより、すべての臨床試験とプログラムにおいて、正確で統合されたレポーティングと分析が可能になります。

ベンダーの集約

すべてのデータを単一のプラットフォームで管理することで、異なるシステムやベンダーからのデータ転送、統合、照合を排除し、プロセスとワークフローを劇的に合理化することができます。

データベースの開発とプロセスに携わる部門横断的なチームに、メディデータクリニカルクラウド上での整合性と透明性を提供することができます。オンタイムの導入を保証し、最終プロトコルから本番稼動までの全体的なタイムフレームを短縮します。

試験開始と終了の加速化

すべてのデータを単一の統一されたプラットフォームで管理することにより、リスクを軽減しながらペースと生産性を向上させることができます。

メディデータクリニカルクラウドの基盤である Rave EDC は、迅速かつ堅牢な実装と、優れたデータ監視・クリーニング機能を試験中に提供し、データベースロック時の作業に通常伴う労力と時間を軽減します。

ダウンタイムや変更指示なしに、試験途中の変更を実現

Medidata Clinical Cloudを使用する場合、データマネージャとRTSMユーザはデータベースの構築と更新を同時に行い、プロセスのワークフローを合理化し、従来プログラミングに必要だった仕様を排除し、データベース構築時間を短縮してダウンタイムをなくすことができます。

重複したデータ入力の削除、照合作業の軽減、従来の仕様書作成方法に伴う管理負担の軽減、そしてリスクとコストの大幅な低減を実現します。

もっと詳しく

On-Demand Presentation
クリニカルデータマネジメントの将来ビジョン

クリニカルデータマネジメントの将来ビジョン

DIA 2021 で発表された Rave Platform Technology 担当 SVP、Wayne Walker の講演の様子を録画したもので、臨床データ管理の将来に対するメディデータのビジョンが紹介されています。

事例
Rezolute社、優れた患者体験とサイト体験を提供

Rezolute社、優れた患者体験とサイト体験を提供

Rezolute社は他のテクノロジープラットフォームを評価した後、Medidata Clinical Cloudを選択しました。

「Rezolute社のクリニカルオペレーション担当 Erin O’Boyle 氏は、次のように述べています。「メディデータの業界リーダー、エンドツーエンドソリューション、柔軟なプラットフォームは、小規模なスタートアップ企業にとって非常に適しています。

事例
お客様の声

お客様の声

SCTU は臨床試験プロセスを活性化するため、SaaSプロバイダー候補の中で最も高いスコアを獲得した Medidata Clinical Cloud 統合プラットフォームを選択しました。

メディデータのデータ収集・管理ソリューションが、高度な機能を備えた1つのプラットフォームで独自に統合されていることが、意思決定に際しての重要な要素となりました。

Contact Sales