Medidata eConsent

Medidata eConsent

患者によりよい試験を

メディデータのeConsentは、規制に準拠した、患者フレンドリーな革新的な電子同意システムです。オンサイト、リモートを問わず患者の同意プロセスを簡素化、登録プロセスをデジタル化し、同意取得後は連携するRave EDCに被験者データとして反映することで、同意追跡管理全体を改善し、インフォームド・コンセントのエラーを減らし、施設やスタディチームの管理負担を軽減します。また、参加者のコンプライアンスを改善し、患者のエンゲージメントを高めながら、分かりやすい臨床試験情報で患者の体験を向上します。

患者リクルートメントの改善とドロップアウト率の低減

業界をリードするeConsentソリューションがどのようにして患者の同意プロセス(登録、参加)を改善するのか

Medidata eConsentの価値

さらなる効率化

  • eConsent試験とサイトのセットアップのタイムラインを数ヶ月から数週間に短縮
  • HTML変換に伴う大幅な遅延やリスクを排除
  • 署名コンプライアンス、リモート同意モニタリング、サイトスクリーニングの指標を提供

患者体験の向上

  • 開始時から患者のコンプライアンスと継続参加を促進
  • 試験の目的、リスク、ベネフィット、責任についての理解を深める
  • サイトおよび患者体験を最適化するための専用のPatient Cloudヘルプデスク

統合アプローチ

  • 同意データをメディデータや他のeClinical システムとシームレスに統合
  • 患者の同意プロセスにおける効率と質を向上
  • Rave EDC とのデータ統合、iMedidata と共通のシングルサインオンとユーザ管理機能を提供

バーチャルおよびハイブリッドタイプの試験への道

  • Patient Cloudソリューションの一部
  • 同意プロセスにおいてライブビデオ訪問機能を提供
  • 場所を問わず、患者の同意を容易に取得
  • フルBYODによる遠隔地での同意取得をサポート

血液摂取試験においてeConsentを使用する
メリット


Patient Design Studios

メディデータの「Patient Centricity by Design」イニシアチブは、患者中心主義の3つの基本原則である「デザイン」「エンゲージメント」「アクティベーション」に基づいて構築されています。

それぞれのPatient Cloud製品は、Patient Design Studioで得られた患者の声をもとに設計されており、患者が臨床試験ソリューションの開発に積極的に参加できるようになっています。